1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

笑いと楽しさがなければ人生は悲劇になる

笑いと楽しさがなければ、 人生は悲劇になってしまう。 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 若くしてALSという病を発症したホーキング博士だが、このようなユーモアや楽しむ気持ちを大事にする人だったようだ。人は、生き残るために、ネガティブなこと…

知っているという錯覚が最大の敵である

知識における最大の敵は無知ではなく、 知っていると錯覚することだ 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 神は全てを知っているという立ち位置を踏み出して、まだまだこの世にはわからないことがたくさんあるという風に考えられるようになってから、人は…

悟ることと諦めることは違う

人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。 そしてただ自分の置かれた状況の中で最善を尽くせばよい。 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 人生は公平ではない。 身体や頭脳、容姿、能力など、人はそれぞれ違っている。そ…

自分が持っているものを活かすことに心を向ける

私が21歳のとき、病気により、私の期待値はゼロにまで下げられた。それ以来、すべてがラッキーだった。 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 ホーキング博士の言葉を集めたこの本からは、彼がどんなに前向きに考えられる人だったのかを知ることができる…

どん底の時でも励ましてくれる存在がいること

1つだけ 、私がもう一度起業を決意できた理由を挙げるとすれば 「決して諦めなかったこと 」と言うしかない 。 どん底の時期にも 「諦めるな 」と励まし続けてくれた先輩や仲間の存在が 、私を救ってくれたのだと思う 。 出典「30歳で400億円の負債を抱えた…

個性とは何かをやりたいという気持ち/「バカとつき合うな」

プライドや、社会に刷り込まれた通念を捨てていけば、個性なんて自然と出てくるものです。 個性とは、あなたがなにかをやりたいと思う気持ちです。 出典「バカとつき合うな」 自分は何者かなんてどうでもいいと堀江貴文さんは言う。こういう風に思われたい。…

人生はヒッチハイク/「バカとつき合うな」

「断られるかもしれない 」と何度考えてもその時間は無駄で、大事なのはその1回の「乗れよ 」に早く出会うこと。 そのために必要なのが、バカになることだった。このあたりが、「いいバカ」になる原体験だったと思います。 出典「バカとつき合うな」 堀江貴…

あえてアマチュア力を残すのがプロ/「バカとつき合うな」

飽きを理由に、先鋭化してしまうのは三流。一方、秋元さんは、アマチュア力を意識的に残している。それがプロですね。 出典「バカとつき合うな」 西野亮廣さんが語っている「バカ」に、「新しさばかり追求するバカ」というのがあります。 経験値の高い人であ…

成長するためには生存本能を信じて極端な環境に身をおこう/「バカとつき合うな」

なにか新しい才能がほしかったら、そういう環境に自分を追い込めばいいんです。 設計図を書きすぎるというのは、これと真逆です。 出典「バカとつき合うな」 生存本能を信じて、極端な環境に身をおけば、必要な能力が備わってくるという。必要にかられて、能…

ロジックがなければ不安で動けなくなる/「バカとつき合うな」

群れる人というのは、ロジックがないから、とりあえず人と同じことをしてしまうんじゃないでしょうか。 不安という感情で。 ロジックがないから感情が行動の理由になってしまう。 出典「バカとつき合うな」 誰もやってないことをやることは怖い。 そこで支え…

情報がないから想像力もない/「バカとつき合うな」

想像力って、生まれ持った能力とかではない。想像できないというのは、単に情報を持っていないことにすぎない。 情報がないから、想像力もないんです。 出典「バカとつき合うな」 自分のいる環境が良くないと言ってる人は、その環境を変えればいい。または、…

「新世界(著・西野亮廣)」の書評・感想・まとめ

キングコング西野亮廣さんの「新世界」を読んだ。2万人を超えるオンラインサロンを率いて、よのなかに面白いプロジェクトを仕掛け続けている西野さんのロジックやカラクリが惜しげもなく書かれている。 クラウドファンディングやオンラインサロンという仕組…

守りたいものがあるなら、自分が強くなるしかない/「新世界」

もしキミに守りたいモノがあるのなら 、キミ自身が強くなるしかない 。(略) 少しだけでもいいから、挑戦して、 少しだけでもいいから、失敗から学んで、 少しだけでもいいから、傷を負って、 少しだけでもいいから、涙を流して、 少しだけでもいいから、想…

言葉を贈るということ/「新世界」

もしも言葉が消えるのなら。もしも使える言葉が今夜無くなってしまうのなら、ボクは誰に言葉を贈るだろう?昨日、選んだ言葉は合っていたのかな? レターポットを使うようになってから 、そんなことを考えるようになった。 出典「新世界」 誰かに伝えられる…

正直モノがバカを見る世界にしてはいけない/「新世界」

べつに有名になりたいとは思ってはいないけれど、誰を騙すわけでもなく、ズルをするわけでもなく、真面目に粛々と生きている彼らに、もう少し暮らしやすい未来を届けたい。 出典「新世界」 西野亮廣さんは、次々に新しいコトを繰り出してくる。その原動力は…

じぶんだけの地図を作る/「新世界」

これまで以上に 「信用 」が価値を持ち、これまで以上にコミュニティーが加速すると、これまで誰も見たことがない、キミだけの地図が現れる。 新世界だ。 出典「新世界」 Googleや Amazonのように、暮らしていく上で必要になるものを提供できる存在は強い。…

お互いに結果を出し続けないと一緒にいれる時間が減ってしまう

ボクらは 、お互いに結果を出し続けて 、お互いにメリットを与え続けられる状態を作っておかないと 、一緒にいれる時間が減っちゃうんだよ 。 出典「新世界」 西野亮廣さんのオンラインサロンの勢いはすごいことになっている。しかし、サロンというものがな…

完成させるまでの苦労や達成感に価値がある/「新世界」

「作ること」がエンタメなんだもん。更地でいい。むしろ更地の方がいい。 出典「新世界」 西野亮廣さんは、オンラインサロンやクラウドファンディングで得たお金で、えんとつ町のプペル美術館を作ろうとしている。まだ、更地だが、ここから美術館を作ってい…

信用を得るには嘘をつかないこと/「新世界」

噓をつきたくなかったら、やることは一つ。 「噓をつかざるをえない環境 」に身を投じないことだ。さらに踏み込むと、「噓をつかざるをえない環境に身を投じなくても生きていける環境」を作ることだ。この環境作りが、信用稼ぎの第一歩目。 出典「新世界」 …

「死ぬこと以外かすり傷(著・箕輪厚介)」の書評・感想・まとめ

箕輪厚介さんの「死ぬこと以外かすり傷」を読んだ。 箕輪さんは、堀江貴文さんが「今一番速い」と評しているくらい、個人として名を馳せ、オンラインサロンでも絶大なファンを巻き込んで、ムーブメントを起こしつつある、スーパーサラリーマンである。幻冬社…

腹を割るにはまず自分が丸裸になれ/「死ぬこと以外かすり傷」

相手に装備を解除させ丸裸にするためには、まずこちらが、そこまで脱いでしまって大丈夫なのかと心配されるくらい、無防備になることが大事だ。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 誰かと接するとき、誰もがある程度、自分の感情を悟られないようにガードをしな…

相手の信頼を得るには分析せよ/「死ぬこと以外かすり傷」

相手が何を求めているのか、どんな本性なのかを、相手自身が気付いていないところまで想像し、理解し言語化することができれば、なんの実績もなくても信頼を勝ち取ることができる。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 相手を「ブンセキ」するという言葉が使われ…

ワクワクすること以外は他人に任せろ/「死ぬこと以外かすり傷」

「多動力 」というのは、あれもこれも手を出す力のように思えるが全く違う。自分にしかできないこと、自分がワクワクすることだけを選び取る力なのだ。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 堀江貴文さんの「多動力 」を編集した箕輪さんならではの解釈が述べられ…

自然消滅してもいい。まずは手を挙げていけ/「死ぬこと以外かすり傷」

しかし熱狂の種などまずはやってみないと見つからないのだ。だからこそ自然消滅上等で、片っ端から「やります!」と手を挙げていけ。あれこれ手を出しているうちに、好奇心が好奇心を呼び、熱狂が熱狂を加速させる。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 ボクらが…

昨日までできなかったことをできるように、もがき続けろ/「死ぬこと以外かすり傷」

不眠不休で働いたとしても、時間で考えるとせいぜい人の2倍しか努力はできない。では、どこで差がつくか。それは、「昨日までできなかったことをできるようにする」ということを日々積み重ねることだ。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 1日は24時間 みな同じ…

その仕事で稼いでいるものは何かをハッキリさせろ/「死ぬこと以外かすり傷」

自分はその仕事で何を稼いでいるか明確に言語化すべきなのだ。僕は幻冬舎では 「ブランド」を稼いでいる。 1時間50万のコンサルでは 「金 」を稼いでいる。地方講演はノーギャラだが 「未来」を稼いでいる 。地方に仲間を作ることは僕がこの先やることで重要…

予定調和からは何も生まれない。半歩踏み出そう。/「死ぬこと以外かすり傷」

与えられた仕事を段取りどおりにこなす 。そうすれば失敗しても大きな傷は負わないだろう。しかし、そんな予定調和からは何も生まれない。無理と言われたら突破する。ダメだと言われたら強行する。 出典「死ぬこと以外かすり傷」 個人としてやりたいことをや…

まずは自分が熱狂せよ。そして他人に伝わるストーリーに乗せていけ。/「死ぬこと以外かすり傷」

自分が読者として絶対に読みたいと思うものを作る。面白い、面白くないかの基準なんてないんだから、偏愛でいい。自分が 「この原稿を世に出せたら編集者を辞めても良い」と思えるようなものを作る 。 まずはそこが大事 。 その後に、その熱狂が独りよがりな…

チャレンジも学びもライフスタイルとして楽しめ

失敗するのは当然ぐらいの感覚で、学び続けることをやめず、チャレンジすることを怖れずに生きていきましょう。チャレンジも、学びも、自分のライフスタイルとして楽しみながら継続していきましょう。 その継続がブラッシュアップされれば、確率的に必ずイノ…

知らないことを知ってるから学び続けられる/「ゼロヒャク教科書」

学び続ける上で大切なのは、「自分は何かを知らない」ことを常に理解することです。 出典「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書」 世の中はどんどん変わっていく。 人生100年の時代、楽しみながら長く働か…