1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

生き方

人の価値はその人が与えたもので測られる

人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。(アルベルト・アインシュタイン) 出典「時代を変えた科学者の名言」 何かを手に入れたいとか 評価されたいとか お金持ちになりたいとか 出世して高い地位につきたいとか 勉強して…

幸せも災いも自分が作り出した影と知るべき

人の一生の幸せも、災いも自分から作るもの、周りの人間も、周りの状況も、自分が作り出した影と知るべきである。(野口英世) 出典「時代を変えた科学者の名言」 ここで、野口英世が語っているのは、なかなか厳しい言葉に聞こえる。 全ての自分の行動が人生…

ひとりの小さな行動の積み重ねが状況を変えていく

世界の悲惨な現実にどんなに心を痛めても、私たち一人ひとりの小さな行動の積み重ねによって、わずかずつでもこの状況を変えていけるという私の思いは、決して揺るがない(アルベルト・シュバイツアー) 出典「時代を変えた科学者の名言」 ノーベル平和賞を…

運が悪いと感じてイライラすることがいけない

運が悪いから、うまくいかないのではなくて、 「運が悪い 」と感じてイライラすることで、うまくいかなくなるのです。 出典「「イライラしてるな」と思ったとき読む本」 ウソでしょと思うことが起きることは避けられません。 勝つこともあれば、負けることも…

パーではなくバーディを狙え

パー狙いのパーでは、明日がなくなります。明日がなくなるような戦い方をしてはいけません。 出典「「イライラしてるな」と思ったとき読む本」 人生は長い。 勝負は勝ち続けないと意味がない。 だから、今回限り勝てばいいような戦い方や、次につながらない…

お金は肥料のようなもの

知識の習得において、「経験」を非常に重視したベーコン(1561~1626。「イギリス経験論の祖」と言われる)がいいことを言っています。 「お金は肥料のようなもの」と。 出典「人生の教養が身につく名言集―「図太く」「賢く」「面白く」 」 人が学ぶ…

サボっている人がいるのがむしろ当たり前

人間にあまり多くを期待しすぎてはいけない。どのような社会であっても、先ほどの 「働きアリの法則 」が教えてくれるように、サボっている人がいるのがむしろ当たり前なのです。 出典「人生の教養が身につく名言集―「図太く」「賢く」「面白く」 」 人はサ…

ゆっくり急げ

ローマ帝国の初代皇帝となるオクタウィアヌス (のちのアウグストゥス。紀元前 6 3 ~紀元 1 4 )は、 「ゆっくり急げ 」ということわざを好んだそうです。彼は、この言葉を自分の執務室の壁に掛けて、つねに眺めていたという伝説が残っています。 出典「人…

感じたことを正直に伝えてくれる人に側にいてもらうことの大切さ

自分のリアルな姿を知るためには、他人からの的確な指摘が欠かせない、となるのではないでしょうか。自分で自分を知ることは難しいけれど、他人にはこちらのことがよく見えているからです。 出典「人生の教養が身につく名言集―「図太く」「賢く」「面白く」 …

笑いと楽しさがなければ人生は悲劇になる

笑いと楽しさがなければ、 人生は悲劇になってしまう。 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 若くしてALSという病を発症したホーキング博士だが、このようなユーモアや楽しむ気持ちを大事にする人だったようだ。人は、生き残るために、ネガティブなこと…

悟ることと諦めることは違う

人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。 そしてただ自分の置かれた状況の中で最善を尽くせばよい。 出典「ホーキング 未来を拓く101の言葉」 人生は公平ではない。 身体や頭脳、容姿、能力など、人はそれぞれ違っている。そ…

個性とは何かをやりたいという気持ち/「バカとつき合うな」

プライドや、社会に刷り込まれた通念を捨てていけば、個性なんて自然と出てくるものです。 個性とは、あなたがなにかをやりたいと思う気持ちです。 出典「バカとつき合うな」 自分は何者かなんてどうでもいいと堀江貴文さんは言う。こういう風に思われたい。…

守りたいものがあるなら、自分が強くなるしかない/「新世界」

もしキミに守りたいモノがあるのなら 、キミ自身が強くなるしかない 。(略) 少しだけでもいいから、挑戦して、 少しだけでもいいから、失敗から学んで、 少しだけでもいいから、傷を負って、 少しだけでもいいから、涙を流して、 少しだけでもいいから、想…

勉強し続けることをやめないこと/ゼロヒャク教科書

勉強をする理由は、新しいことを考えたり、新しいことを身につける方法を学ぶためだと思っています。特定の勉強の内容そのものよりも、勉強し続けることを止めないことのほうが重要という価値観を持っているのです。 出典「0才から100才まで学び続けなくては…

独自性や個性が最も重要な時代になっている/「お金2.0」

この世界で活躍するためには 、他人に伝えられるほどの熱量を持って取り組めることを探すことが 、実は最も近道と言えます。そして、そこでは世の中の需要だったり、他の人の背中を追う意味は薄くなります 。なぜなら、内面的な価値ではオリジナリティ、独自…

迷ったときは一番めんどくさい道を行け/「問題解決ラボ」

逆風は常にウエルカム。自分はそう思っています。壁に直面したときというのは、いくつかの選択肢で迷っていることを意味します 。そして 、どっちの道に行くかで迷ったら、いくつかある中で必ず一番めんどくさいものを選べばいいんです。 出典「問題解決ラボ…

変化を求めていったほうが楽しい

「何も変わらないより、何かを変えていったほうがいい。何も変わらなかったら、前の年と同じ結果になる可能性は高いですし、変化を求めていったほうが僕は楽しいと思うんですよね。これが良かった、これが悪かった。そういうのを繰り返したほうが面白いんじ…

成功することより やってみることの方が大事

成功するとか失敗するとか 、僕には関係ないんです。それをやってみることのほうが大事なんです。そう言い切ったので、僕は 『ああ、それが大谷翔平だな』と思えたし、その瞬間に僕のなかにあった疑問というか、わだかまりというか、 『本当に行っていいのか…

損得ではなく好奇心で動け

本当に誰もがやったことのないことをやってみたいとか、こうやったらどうなるんだろうとか、そういうところに彼の価値観はあるんです。 出典「道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔」 記録に残ることとか、報酬が多いこととか、評価されやすいとか、そんな損得…

人生に目的なんてない/「多動力」

楽しむことだけがすべてなのだ。好きなことを好きなだけやっていると、手元に何かが残っているのだ。 人は 「おもしろい 」 「ワクワクする 」と感じられれば、時間を忘れて目の前の体験に没入できる。 出典「多動力 (NewsPicks Book)」 「何か具体的な目的…

完了主義が大量のプロジェクトを動かす/「多動力」

「完璧主義者 」は、何度もやり直し、一つの仕事にアリ地獄のようにハマってしまう。目指すべきは、完璧ではなく、完了だ。目の前の仕事をサクサク終わらせ、次に行く。そして前の仕事には戻らない。 「完了主義者 」こそ、大量のプロジェクトを動かすことが…

いざというときにプライドを捨てられること

Confidenceとは 「今この瞬間 、全てを失っても 、俺は俺だ。いつだってゼロからやり直してまた這い上がってみせるぜ!」という自分自身の内発的な強さに由来するもの。自分が信じる自分の強さだ。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks …

武勇伝の4つのパターン/「ブランド人になれ!」

「ためらわぬ自己犠牲」 「命がけの覚悟」 「絶体絶命のピンチ」 「振り絞った勇気」 が、古今東西の武勇伝のパターンだ。 君の仕事にはこの4つがしっかりとあるだろうか? 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)」 ただ無難に勝っ…

毎日コツコツを楽しもう

上り坂になって、自己肯定感が高まると、毎日コツコツができます。 毎日コツコツやっても、結果は出ません。 結果は出なくても、毎日コツコツやっていることが楽しいのです。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 いつか花が咲くだろうと思えたら、…

間違っててもいい。好きな方を選ぼう。判断ではなく決断するのだ。

40 歳からは、「判断」を捨てる。 「決断」は捨てない。 判断は、正しいほうを選ぶことです。 つまり、損得です。 決断は、たとえ間違っていたとしても好きなほうを選ぶことです。 (中略) 「結局、あれは正解だったね」と周りに言わせる努力をする。 とい…

人生の往生際は悪くていい

「このままで死にたくない 」と思った人は、勉強します 。 勉強は、諦めない人がすることです。 諦めた人は貯金します 。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 いろいろなことが見えてくる40代。 知識や経験を得たかわりに、現実と限界が見えてきて…

他人のモノサシに頼らないこと/「頭のゴミを捨てれば脳は一瞬で目覚める」

他人のモノサシに頼らないこと。自分の価値観で生きること。そして、自分が本当に欲しいもの、自分が本当に理想とする姿を知ること。そのゴールに向かって、自分が本当にやりたいことをやって生きていくこと。頭のゴミを根こそぎ掃除するためには、それ以外…

人生のコンパスを持て/「人生の勝算」

実りある人生を生きる上で、コンパス、つまり、自分は何を幸せと定義し、どこへ向かっているのかという価値観の言語化は、必要不可欠です。 出典「人生の勝算 (NewsPicks Book)」 自分にとっての幸せを定義し、大切にする価値観を言語化して、意識しておくこ…

情熱を傾けるとともに結果に執着しないこと/「シンプル・ライフ」

きっとできるという強い自信を持つとともに、自分にはコントロールできないことがあるという深い諦念を持つこと、言い換えるなら、情熱を傾けるとともに結果に執着しないこと 出典「シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレスフリーな働き方」 す…

ライフスタイルとは自分の意思と強い力で作り出すもの/「思考をやわらかくする授業」

ライフスタイルというものは勝手にできあがっていくものではなく、自分の意思と強い力で作り出していくものなんだ 出典「思考をやわらかくする授業 」 周りに気を遣いすぎていては、仕事して早く家に帰るということさえ、ままならない。 自分の自由意思にそ…