1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

第一印象と慣れたときの感覚を両方意識せよ

企画を進めていくうえでの大きなリスクは、プロジェクトメンバ ーが徐々に第一印象を忘れ、ユーザーの感覚から乖離していくことです。見慣れれば見慣れるほど、第一印象に立ち返れるかが大事になってきます。(略) 第一印象と、 2回目以降の見慣れてきた段…

半歩前に出るくらいがいい/問題解決ラボ

「誰も見たことがないもの 」は、「誰も求めていないもの」と紙一重。理想は「本来はそこにあるはずなのに、なぜかない」ものを「補充する」くらいの感覚です 。 この「半歩」の歩み寄りが重要で、ユーザ ーと同じ目線で判断できるようになり、今この瞬間に…

使ってないモノの管理のためにエネルギーを無駄にするな

ホコリが溜まっているモノは、必ず使っていない。1年使っていないモノは、来年も、再来年も、ずっと必要がない。3年に一度使うモノなどレンタルしよう。 使っていないモノの維持・管理にお金もエネルギーもムダにするのはやめよう。 出典「ぼくたちに、もう…

まずは捨てられない理由を明らかにする/ぼくたちに、もうモノは必要ない

いきなり捨てられなくてもいい。 まずは、捨てられない理由を明らかにすることだ。 出典「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」 捨てるのは技術であり、習慣だという。 迷ったら、捨てなさいという話もあるが、まずは捨てられな…

いつか慣れていく自分を想像する/ぼくたちに、もうモノは必要ない

人に生まれつきインストールされている「慣れ」→「飽き 」の仕組みは、モノが増えてしまうという観点から見ると、どうしようもない欠点である。 出典「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 」 人間の大きな能力のひとつは、新し…

世の中に新しい解決策を打ち出すための5つの問い

解決したい問題を発見し、『5つの問い』に答える形でそこに文脈をつけることができれば、その時点で問題の70%ぐらいは解けていると思っていいでしょう それによって誰が幸せになるのか。 なぜいま、その問題なのか。なぜ先人たちはそれができなかったのか…

自分が解決したいと思う小さな問題を探せ

しかし『自分が解決したいと思う小さな問題を探せ』と言われたら、どうでしょう。意識は外の世界に向かうはずです。 そうやって探したときに、なぜか自分には気になって仕方がない問題があれば、それが『好きなこと』『やりたいこと』ではないでしょうか 出…

勉強ではなく研究が新しい価値を生み出す

新しい問題を発見して解決するのは、『勉強』ではなく『研究』です。 勉強と研究の違いを知ることは、21世紀をクリエイティブ・クラスとして生きていく上できわめて重要なキーワードだと思います。 出典「これからの世界をつくる仲間たちへ」 ある問題を高い…

人が大事にすべきは「何かをやりたい」というモチベーション

コンピュータに負けないために持つべきなのは、根性やガッツではありません。コンピュータになくて人間にあるのは、『モチベーション』です。 コンピュータには『これがやりたい』という動機がありません。目的を与えれば人間には太刀打ちできないスピードと…

背伸びしてでも高いレベルに飛び込め

「人の成長とは、可能性を伸ばしていくこと。自分よりも高いレベルの人たちと常に付き合っていくことが、成長するための大事な要素だと思います 。 出典「道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔」 人は、高いレベルの人たちと交わることで、刺激を受けて、また…