1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

コミュニケーション

自分にしかできない発言をせよ・原液を作れ/「多動力」

一番わかりやすいのは、あなたが会議でした発言が一人歩きして、多くの人間を動かしているか?と考えることだ。 あなたの発言やアイデアに、あなたが知らない人までもが熱狂し、働く。そういう仕事をするように意識しよう。 出典「多動力 (NewsPicks Book)」…

正直者でなければ長持ちしない/「ブランド人になれ!」

表と裏がある卑怯者は決して、長持ちはしない。君のことを、君以上によく観察している人が周りにはあふれている。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言」 武勇伝を作って、あの人すごいよね!と言われたとしても、表裏がある人間はすぐに見破られて…

誰かと仲良くなるための3つの条件

誰かと仲良くなるための条件は3つあると、楽天のある店長さんに教わりました 。それは、①マイクロインタレスト、 ②自己開示、 ③コミットメントです 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」 マイクロインタレスト…

受け取る人に合わせたストーリーで説明責任を果たせ

アカウンタビリティというのは 、相手の方次第で決まるからです 。自分の都合ではなく、受け取る人に合わせてストーリーをつくらないと、説明責任を果たしたことになりません 。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のル…

壁を壊すためには相手にGIVEし続けること

もしあなたが新しい職場に馴染みにくいと感じるとしたら、それは自分で勝手に「壁」をつくっているだけではないでしょうか。 その「壁」を壊すのは簡単です 。 ひたすら相手のためになることをギブし続けること 。 これさえできれば、本当に「どこでも誰とで…

目の前の人の最高の笑顔をイメージすること/「自分を変える習慣力」

この人が最高の笑顔を見せる瞬間は、どんな瞬間なんだろう?」と考え、「そのときは、どんな笑顔をされるのだろう?」とイメージし、「そのために私に何ができるだろう?」と考えてみるのです 。 出典「自分を変える習慣力 Business Life」 これは、人間関係…

インタビューするときの3つの極意/「聞き出す力」

そのときボクが挙げたのは 、 「本人より本人に詳しくなる 」 「サプライズを持参する 」 「敵じゃないことを伝える 」の三つ 。 出典「聞き出す力」 インタビューでおもしろい話を聞き出す極意として、吉田豪氏はこの3つをあげている。 相手のことを調べて…

相手に本気で興味を持つか愚痴を聞け

「人の話を聞くにはどうすればいいですか ? 」と質問されると 「相手に本気で興味を持つこと 」と答えるようにしているんだが 、先日 、 「じゃあ 、興味を持てない相手と話すときは ? 」と聞かれて 、こう答えた 。 「そんなときは愚痴を聞けば大丈夫 ! …

人見知りは才能なのだ/「タモリ学」

人見知りの人は 、相手の気持ちを先回りして想像するあまり 、相手としゃべれなくなってしまう 。しかしそれこそが 「神様から与えられた素晴らしい才能 」なのだ 出典「タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?」 これを言ったら嫌がられるんじゃないか…

怒られるときはとにかく話を聞くこと/「指名される技術」

客が怒ることを伝えるときは、なるべくそれを「聞く」状況をつくる方が得策です。むしろあなたがその当事者として、相手の愚痴を聞くことが、次の関係修復のスタートの必須条件となる。 出典「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」 …

わがままをさばくプロになれ/「指名される技術」

面倒くさい人ほど 、周囲は合わせるのに疲れるものです 。自慢話 、相談 、口説き 、愚痴 … …主役の行動にいちいち振り回される 。だからこそ 、それを上手にさばく柔軟さ 、 「脇役のプロ 」の技術が冴える 。これこそが一流ホステスが持つ職人芸なのです …

安定して指名されるには、主役を立てること/「指名される技術」

本当に息が長いのは脇役です 。目立たないがあちこちのドラマにいつも顔を出している 。脇役は、誰が主役であれ、その主役を盛り上げる柔軟さを持っている 。 指名され続け、成績を上げてゆくためのレシピは、主役ではなく、実はこの 「脇役 」にあると思っ…

仕事場でも心を開いて自分を発信せよ/「汗をかかずにトップを奪え」

相手のことをロクに知らず 、自分のことをちゃんと知らせていないからこそ 、無用な怒りやストレス 、妬みや嫉みが出てきてしまう 。それだけの話だ。 出典「汗をかかずにトップを奪え! 『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾」 自分は理解されていないと嘆く前に…

ほめられた時はちゃんと感謝を伝えよう/「EQ こころの距離の近づけ方」

相手とのこころの距離を近くしようとするなら 、話しかけることと同様 、話しかけられ方もとても重要です 。(中略) 話しかけられ方の原則は 、相手の気持ちに対してどう応えるか 、という一点に尽きます 。たとえば 、誉められたり 、励まされたら 、それ…

肉眼で見える現実に振り回されず相手の素晴らしさに感謝すること/「心眼力」

素敵な夫婦関係の秘訣は、配偶者を「素晴らしい存在、偉大な力をもった人」と見て接することです。また、子育ての秘訣は、わが子を同様に見て信頼することなのです。 私たちの心には、認めたものを現実化する力があります。 出典「心眼力 -柔らかく燃えて生…

5行エッセイがロジカルな文章の基本形/「プロフェッショナルイングリッシュ」

ロジカルな文章を書くためには 、基本的なルールがあります 。(略) ルール① :結論を述べる ルール② :理由を 3つ挙げる ルール③ :結論を繰り返す 出典「プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語力」 ロジカルな文章のルールはこの3つです。…

英語はシンプルで短いミニマムセンテンスを連続して繰り出せ/「プロフェッショナルイングリッシュ」

まずは名詞と動詞を中心に事実を伝える 。そのうえで 、その他の細かな情報を補足する 。その際の秘訣は 「シンプルな短い文 」です 。(略) このミニマムセンテンスを連続して繰り出す手法こそ 、ビジネスで成果をあげる人が使っている英語なのです 。 出…

自分のことを見てくれているという安心感を醸成しよう/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

子どもたち、選手たちが「自分のことを本当によく見ていてくれる」という安心感を持つように接すること。まずはそれができないと「この人の言うことなら間違いない。やるぞ!」とはならないものです。 出典「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術…

英語のリスニング力を高めるには音マネを繰り返すこと/「プロフェッショナルイングリッシュ」

私がおすすめする、正しい発音の身につけ方、すなわち効果的なリスニングのトレーニングの仕方は 「ひたすらネイティブの発音をマネる 」 、それをきちんとできるようになるまで反復練習すること 出典「プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語…

伝えたいことはちゃんと伝えよう/「君の膵臓をたべたい」

もしかしたら、わたしに何かを伝えたいと思ってた人もいるかもしれない。 もしそうだったら、わたし以外の人には、伝えたいことを全て伝えるようにしてください。好きだとかきらいだとか、そういうすべてを伝えるようにしてほしい。 じゃないと、わたしみた…

生きるとは誰かと心を通わせること/「君の膵臓をたべたい」

生きるっていうのはね、 きっと、だれかとこころを通わせること、 そのものを指して、生きるっていうんだよ 出典「君の膵臓をたべたい」 余命わずかを宣告されつつも、明るく毎日を生きようとする高校生の女の子「さくら」の言葉です。 未来に何かを成し遂げ…

個人の本音が相手との距離を縮める

少しずつ本音の話をしていくようにしたのです 。 「会社や業界の公式見解はこうですが 、個人の見方ではこういった方法がふさわしいと思っています 」というふうに 。 出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50」 公式の話だけでは議論が深…

ノーと言わずにノーを伝える

イチロー選手は 、マリナーズのコーチから 「フォームを変えろ 」と言われたとき 、とりあえず「イエス 」と答えてちょっと違う打ち方をしただけで 、ぜんぜん直さなかったそうです 。その場で「ノー 」と言えば 、コーチの立場がなくなってしまうからでした…

人はみな役者である

スポーツというのは最終的に相手を騙すことだと思います 。「騙す 」というと語弊がありますが 、要は 、役者になるということです 。 出典「本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)」 「仕事は、ある意味、演技」ということを…

口出しするなら言いたいことだけをシンプルに伝える

上司は、あれこれ細かく口出しするよりも、どうしても言いたいことだけをシンプルに伝えたほうが、訴求力が強くなる 出典「あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール (アスカビジネス)」 元楽天の監督の野村さんは、いろいろ言いたいのをグッとこ…

新たに得ることより今あるものを失うことを人は恐れる

人間はリスク回避を優先するというカーネマンの実験結果に従えば 、現状を維持することの危険性を訴えたほうがうまくいく可能性が高い。 「今のままでは失うもの 」は 「変化によって手にするもの 」よりインパクトがある 。 出典「影響力の秘密50 ここぞと…

相手を動かすには整然と語ること

自信あるコミュニケーションとは 、明快なコミュニケーションのこと 。わかりやすくシンプルな言葉で語り 、伝えたいメッセ ージを曖昧にする迷いや余談の罠にはまりこまないこと 。すなわち 、整然と語ることだ 。 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人…

乱雑さの中に単純さを見出す

「仕事の3つのルール ─ 乱雑さのなかに単純さを見出す 、不和から調和を導き出す 、困難のただなかに好機がある 」アルベルト ・アインシュタイン (物理学者 ) 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人を動かす自分を手に入れる」 たくさんの事実がある…

相手が好む手段で伝えよう

重要なのは 、相手が好むコミュニケーション手段を選ぶこと 。 そして「全体像を把握したい人 」と「詳しく知りたい人 」の違いを心得ることだ 。 この点を取り違えたら 、どれほど素晴らしい意見を書こうと関係ない 。 読んでもらえないのだから 。 出典「…

具体的でリアルな物語を語ろう

抽象的なものが具体的になる 。 理論上の話が現実の話になる 。 だから 、聞く人の注意を引きつける 。 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人を動かす自分を手に入れる」 人に話を聞いてもらい何かを伝えるためには、実際に起きた話などを具体的に物語り…