1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

人生で出会う壁のほとんどはただの幻である/かべのむこうになにがある?(読書感想文 課題図書)

f:id:gumojin:20190731221720j:image

ゆうきがあれば

ほんとうのものがみえる。

いきていれば

たくさんのかべにであうものさ。

でもそのほとんどは ただのまぼろしだ。

出典「かべのむこうになにがある?

2019年の読書感想文の課題図書にもなった、ブリッタ・テッケントラップの絵本の一節である。

赤い壁の向こうに何があるのか。

それを知りたいというネズミに対して、他の動物たちは、壁があるのが当たり前、怖いぞ、やめておけと言う。しかし、好奇心と勇気でこれに打ち勝ったネズミは、壁の向こうから来たという鳥の背中に乗り、壁の向こうの世界を見ることができた。そしてその壁は実はなかったことに気づく。

この言葉は、その鳥が語った言葉である。

ぼくらは、知らないうちに壁をつくり、そこから出ることを恐れる。しかしその壁のほとんどは幻である。やったことがないからという理由で、一歩踏み出さなければ、素晴らしいことや人物に出会えない。成長もしない。

世界に存在すると感じている壁はなにか?

その壁の向こう側へ、一歩踏み込んでいこう。

 

2019年の読書感想文の課題図書の中では、ボクはこの本が一番好きでした。詳しくはこちらもどうぞ。

読書感想文の本の選び方〜まずはこれを読め〜2019年版 - Voyage of Life