1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

長期的に取り組んだことで得られる成果を過小評価してはならない

f:id:gumojin:20191210190315j:image

われわれは、短期的な結果に期待し過ぎる傾向にある。一方で、長期で取り組んだときにもたらされる大きな結果に関しては、過小評価し過ぎる傾向にある。

出典「41歳の通訳者が15年ぶりに本気で取り組んだ英語学習法  君は心躍る英語に触れているか!

これは、英語通訳者の筆者が、本書の中で引用しているビル・ゲイツさんの発言です。

我々は、どうしてもせっかちで、短期的に結果を出すことを求めてしまいがちですが、この言葉は、大きなことを成し遂げるにはやはり時間がかかることを思い出させてくれます。

何かをモノにするための時間については、マルコム・グラッドウェル氏の1万時間の法則という話があったり、それに対して、アンダース・エリクソン氏がそんなマジックナンバーなんてなくて、もっと効率的に学ぶことはできるという話があったりしますが、こと語学学習においては、学習効率を意識しながら、常に学び方を修正しつつ、コツコツと努力を続けていくと言うことがやはり大切であり、この言葉は勇気付けてくれるものです。

まぁ、ビル・ゲイツは、時代の波にうまく乗った人なのだと言う気はするのですが、とても本をたくさん読む、勉強家の人だそうですね。