1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

エディ・ジョーンズが挙げた リーダーになるべき選手の3つの条件

f:id:gumojin:20191104215540j:image

  • 自分が所属しているチームで絶対に勝ちたいと思っていること
  • 懸命に練習すること
  • 他の選手にポジティブな影響力を及ぼし、責任を持たせられること

出典「ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話

この本の中で、ラグビーのイングランド代表のヘッドコーチをつとめるエディ・ジョーンズさんが、リーダーになるべき選手の条件を3つ挙げています。

ボクには、この3つ目が特に響きました。

自分一人で孤独に負けずに努力し、

背中で引っ張っていくというタイプもいるでしょう。

しかし、より明確にチームを意識し、

他の選手に、何かを任せていくということを、現場に近いレベルで、どんどん行える人のほうがチーム力を高めてくれるということなのでしょう。本当に勝ちたいという気持ちがそこに現れるのかもしれません。

 

 

早く行きたければ一人で行け

遠くまで行きたければみんなで行け

という言葉を思い出しました。

 

しかし、かといって、人に任せるだけの人には

誰もついていかないわけで、

自分は自分でハードワークをすることも大切。

 

ちなみに、興味深かったのは、

キャプテンの選び方の話です。

 

キャプテンを誰にするかについては、

チームのステージによっても変わるそうです。

チームのまとまりを作るときには

廣瀬俊朗。

身体を張って世界と戦うには

リーチマイケル。

なるほどなぁ。