1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

松井秀喜選手の緊張しないための考え方

f:id:gumojin:20191002225406j:image

なによりもまず、きっちりいま現在の自分の100%を発揮することが大切です。

80%(さぼり)でも120%(ラッキー)でもいけません。100%を発揮する。

そのためにはまず「自分の100%」を知らなければいけません。

それを知っていれば決して緊張はせず、自分のいまの実力を出し切れます。

(松井秀喜選手の言葉より)

出典「明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法

松井秀喜さんは打席で緊張しないらしい。

それは、自分の100%を出すことに集中しているからだ。

自分の実力を考えた上で、あの格上の投手から打つのは難しいとわかったら、このコースなら打てるかもしれないというように頭を冷静に働かすのだ。

凄まじい努力に裏打ちされた、ありのままでいい、自分がコントロールできないことは気にしないという感覚が、松井秀喜選手をそうさせているのだろう。

自分の100%を知り、相手に応じて作戦を考え、やれることをしっかりやる。

そこに集中しよう。