1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

共感を生み出すのは一般論ではなく個人のストーリー

f:id:gumojin:20190930213715j:image

あなたは全然違うからこそ、あなたは「自分と同じところ」を相手の言葉の中に探そうとする。

違うのは寂しいから、何とかわかろうと、一歩、相手の中に踏み込むのだ

出典「明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)

共感を得るにはどうすれば良いか。

そのヒントがこの本に明確に書いてあった。

人は違うからこそ、共通の話を探そうとする。

分かろうと一歩、相手に踏み込もうとする。

そのプロセスによって、わかるわかる!という共感が生まれるのだ。

そりゃそうでしょと、どこかで聞いたことのある一般論を語っても、他人の心は動かない。

そうではなく、もっと自分のストーリーや想いを語っていけばいい。

いつもと違う景色や考え方に出会い、理解していくなかで、あ、でもこれって、自分が経験した、あのときの景色と似てるじゃんとか、その苦労なんかわかるわ〜とか、そういう想いが生まれてくる。

具体的で個人的な話の方が、他人の共感を得ることができるのだ。