1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

エキスパートは直感的によい選択肢を思いつけるのが強い

f:id:gumojin:20190806221040j:image

チェスの実力の差は 、緻密に手を読んでいくという思考の粘りにあるのではなく 、直感的にスジの良い手を思い浮かべられるかどうか、という点にこそ現れるというのがグルートの結論でした。

出典「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

一流の人は、よい選択肢をパッと思い浮かべられるらしい。直感のなせる技だ。

もちろんそれは、それまでの経験と思考の賜物なのだろうが、考える力がすごい人がすごいというわけでは必ずしもなくて、よい手を思いつけるというところが強いというのだ。(さすがにAIには圧倒的な思考の量で負けてしまうのかもしれないが)

そして、そのアイデアが優れたものかどうかを判断するために、緻密な思考が大切にはなるだろうが、やはり決定するときには、その手が美しいかどうかが判断材料になる。そう羽生さんは語っている。

こんな感じかなという直感力と、これっていいよねという美意識。

エキスパートと呼ばれる人は、これを強みにしている。