1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

子どもの背中を押すタイミングを待て

f:id:gumojin:20190729201656j:image

背中を押すのが早すぎても、遅すぎてもいけませんから、お父さん、お母さんの観察眼と辛抱強さが試されます。

出典「家でできる「自信が持てる子」の育て方

内気な性格のために、力はあるのに一歩踏み出せない子もいます。

こんな子に対して、本人がやってみようかな、どうしようかなと思えるような状態にあるタイミングを逃さずに、そっと背中を押すことが大人の役割だという。

「せっかくだから、挑戦してみたら」

「考えすぎないで、まずはやってみたらいいよ」

うちの子も、慎重なタイプなので、よくわかる。そんな言葉を、絶妙なタイミングでうまく伝えたいが、その時が来るまで、しっかりと見守り、待つ忍耐が大切なんだ。