1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

真の力強さとは怒りを自制する力

f:id:gumojin:20190411224100j:image

『ハディース』の中で私がとりわけ好きなのが、この言葉です。

「力強いとは、相手を倒すことではない。怒って当然というときに自制できる力を持っていること」

出典「人生の教養が身につく名言集―「図太く」「賢く」「面白く」

イスラム教の開祖ムハンマドは決して神がかった存在ではなく、リアルな人として成功を収めた人らしい。その言行録「ハディース」に、真の力強さとは何かを語っている言葉があるそうだ。「怒って当然というときに自制できる力」である。それが無ければ、冷静に判断する力を失うのだ。

そのためには、極めて生理的なせき髄の反射に任せるのではなく、一呼吸おくのがよいそうだ。

怒れるのは、組織に余裕があるからであり、ホントに忙しかったら、怒っている暇はないという話にも納得。

人間味がある方が面白いし、怒りという道具をあえて使うシーンもあるのだろうが、しっかりと考えてよい判断をしていくためには、自制する力が大切なのだ。