1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

中央集権から自律分散への動きが世界を変える/「お金2.0」

f:id:gumojin:20181212185823j:image

この2つが混ざった時に起こる 「自律分散」というコンセプトが、多くの産業のビジネスモデルを覆すことになると私は思っています。

出典「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

AI、スマートフォン、ネットワーク環境、ソーシャルネットワーク、暗号化というテクノロジーの進歩によって、自律×分散というコンセプトが成り立つ素地ができつつあり、新しい世界が開かれようとしている。

全体を統括する管理者や中枢組織などを持たずとも、相互作用を働かせながら、それぞれが評価やフィードバックを働かせながら、うまくやっていけるような世界である。

無人のコンビニも成り立つ。新しい組織のあり方も出てくる(新しい組織のあり方を具体的な先端組織の実例を踏まえて提言している「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」で書かれていたセルフマネジメントで成り立っている組織のことを思い出した)。

変化の激しいなかでは、自律分散した組織でなければ立ち行かなくなるという側面もある。

そしてそこは、もっとフェアでオープンで自由な世界になるだろう。AIなどによって、われわれはより人間らしさを手に入れることになるかもしれないなと思う。