1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

アイデアは安易に固めるな/問題解決ラボ

f:id:gumojin:20181121221221j:image

逆に固まってしまったアイデアは、頭の中に「保管 」されているだけの状態なので、徐々に忘れて「劣化 」していくことはあれ、そこから発展することはありません。

なので、「いかに柔らかい状態を保持するか」「ベストのタイミングで一気に固められるか」がミソです 。

出典「問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

アイデアは、考え出そうと集中しすぎず、ボヤッと見る方が、周りが見えて、良いアイデアが浮かびやすいらしい。

そして、あまり固めすぎず、柔らかくしておくほうが、選択肢が生まれやすいという。

一歩引いて、抽象度を確保しておくのだ。

ネンドみたいだね。とりあえず、アイデアというものは、力を抜いて、ボヤッとフワッと取り扱ったほうが良いみたいだ。

しかしこれは、世知辛い一般企業の価値観では難しいのかもしれない。

組織でアイデアを考え出せ、アウトプットを出せと、躍起になることはもちろん逆効果だし、アイデア具体化を急ぎすぎるのも考えものだ。

もっと擦り合わせ、コネコネして、面白いものにする前に、なんとなく想像できたモノに飛びついて、固めてしまって、こんなモノは誰も求めてないんじゃないか?などと判断を急ぐことは、ナンセンスきわまりないし、もったいない。

ラーメン屋の店長のように、アイデアの性質を知り、硬度を調節できるようなセンスが大切なのだ。柔らかすぎても、ノビてしまうかもしれないけど。