1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

デザインとはわかりやすく伝えるための手段である

f:id:gumojin:20181121000654j:image

デザインとは 、単に何かをカッコよくすることが目的ではありません 。人に対して何かを 「伝える 」ための手段です 。

難しいことをわかりやすく 。

論理的なことを直感的に 。

見えないものを見えるように 。

それがデザインの本質です 。

出典「問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

デザインとは、あぁカッコいいというものにすることだけが目的なのではなく、なかなか伝わらない何かを、わかりやすく伝えるための手段なのだという。

例えば、組織の理念だったり、その人たちが大切にしているものなどを、パッとみてわかるように、デザインして表現することは、なかなか骨が折れることだろう。

お客さんの心にあるわかりにくい、ぼやっとしたものを、まずは引き出して共有しないと、始まらないからだ。

デザイナーじゃなくても、「お客さん、どうしたいの!?」と言いたくなる、じれったいシーンは多々あるが、そこをちゃんと引き出すことも、やっぱり大事な仕事のプロセスなのだ。