1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

半歩前に出るくらいがいい/問題解決ラボ

f:id:gumojin:20181114202410j:image

「誰も見たことがないもの 」は、「誰も求めていないもの」と紙一重。理想は「本来はそこにあるはずなのに、なぜかない」ものを「補充する」くらいの感覚です 。

この「半歩」の歩み寄りが重要で、ユーザ ーと同じ目線で判断できるようになり、今この瞬間にユーザーが求めているものの中心を射貫くことができるんじゃないか、と思うわけです。

出典「問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

新しいモノを考えようと鼻息を荒くし、見たこともないモノを生み出せたとしても、それは誰も求めていないモノだったりする。

やっぱり人は、どこかで見たようなモノじゃないと、なかなか受け入れられないのかもしれない。

だから、「ありそうで、無かったもの」が、やっぱりいいらしい。

スゴイものを考え出そうと、助走をつけたりせずに、今の世の中をよく観察して、みんなの気持ちをよく感じて、こんなのあったらいいのにという問題を探して、半歩前に出るくらいのスタンスがいいのだ。