1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

人が大事にすべきは「何かをやりたい」というモチベーション

f:id:gumojin:20181031222822j:image

コンピュータに負けないために持つべきなのは、根性やガッツではありません。コンピュータになくて人間にあるのは、『モチベーション』です。
コンピュータには『これがやりたい』という動機がありません。目的を与えれば人間には太刀打ちできないスピードと精度でそれを処理しますが、それは『やりたくてやっている』わけではないでしょう。

出典「これからの世界をつくる仲間たちへ

いつかAIが自分たちでAI自身を改善し始めると、人間社会が支配されてしまうという恐ろしいシナリオもあるようだが、今のところ、社会をどうしたいかというモチベーションは、コンピュータやAIではなく、人間が持っている。

根性やガッツではコンピュータに太刀打ちできない。奴らは、とてつもない処理スピードで、なんの苦もなく繰り返しができるのだ。

しかし、モチベーションは負けてはならない。

こうしていきたいという思い(WANT)が、世の中をリードするのだ。

改めて、根性に頼っていてはダメなのだということと、モチベーションをもつことの大切さを認識する言葉だった。