1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

適度な距離を保ち見守ること

f:id:gumojin:20181025235437j:image

時には静かに見守る。すべてが放任というわけでなく 、適度な距離を保ちながら見つめている 。我々指導者の立場で言えば 、練習は自主性だけでは絶対にダメだと思いますし、そうかと言って、もちろん強制だけでもいけない 。

出典「道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

大谷翔平選手の両親は、すばらしいバランス感覚を持っていたという。

父親自身も社会人野球の選手だったというから、さぞ、口を出したかったに違いない。

そこをぐっと堪えつつ、控えめに大谷選手の練習や試合を眺めていたという。

しかし、野球ノートなるものを交換日記のように交わしていた。失敗してもいい。それを今後にどう活かしていくのか。そんなことを、大谷少年に、文字にして考えさせる。こんなきめ細かく、自主性も引き出す接し方をされていたようだ。

大人になった大谷選手がこう語っている。

たくさん支えてもらいながら、自由にやりたいようにやらせてもらえた。勉強しろとも言われなかった。そのかわり自己責任。

干渉しすぎずに見守る。親として、胸に刻んでおきたい。