1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

壁を壊すためには相手にGIVEし続けること

f:id:gumojin:20180820214953j:image

もしあなたが新しい職場に馴染みにくいと感じるとしたら、それは自分で勝手に「壁」をつくっているだけではないでしょうか。

その「壁」を壊すのは簡単です 。

ひたすら相手のためになることをギブし続けること 。

これさえできれば、本当に「どこでも誰とでも」働けます 。

出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

壁は、組織と組織のあいだにも、個人と個人のあいだにも、簡単に作られます。

まず、存在を認めたくない相手には壁がつくられるでしょう。自分たちが負担やリスクを背負いたくないときにも壁はつくられます。

そんな壁を壊すのは簡単。

相手のためになることをひたすらギブし続ければいい。

まぁ、それが簡単ではないよと思ってしまうけれど、少なくとも自分からは、ある意味無防備に、手間ひまを惜しまずに相手に貢献していくことで、壁は壊れていくのだ。

まずは自分の作ってる壁を壊すこと。話はそれからなんだ。