1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

外国語を学ぶことで頭が良くなるらしい

f:id:gumojin:20180703215550j:image

外国語の学習成果は 「母語理解の深まり 」としてフィードバックされる点が決定的に違います。英語を学ぶことを通じて、これまで気づかなかった日本語のルールに気づき、文章や事象をよりロジカルに把握する力が身につきます

出典「ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!

英語を学ぶことで国語の成績が上がったりするという。これは、母語の持つ暗黙のルールを発見、再確認することで、一段高い抽象的な視点が養われ、論理的思考力を備わることにつながるからだという。

英語がとてもロジカルで、ぼんやりしてるような話を表現しにくい言語だから、英語を学ぶことで、しっかりと要点や論旨を押さえるクセがつくからなのかと思ったが、そういう理屈ではなく、外国語学習には頭をよくする効果があるらしい。

ちなみに、行間を読んでもらうことも期待しながら、全てを言わない日本語の世界に習熟してきた人は、やっぱり相手が言いたいことを読み取り、共感する力が高いのではないかと思う。

また、ロジックだけでは伝わらないニュアンスのようなところを表現するのに、日本語は長けている。そこを駆使して多くの人に動いてもらったりしているわけだ。

そんな日本人が、ロジックにも強くなれば、鬼に金棒である。

しかし、外国語を学ぶことそのものに、頭をよくする効果があるというのだ。