1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

他人の喜びを考えることが自分のやりたいことを見つける近道

f:id:gumojin:20180626224006j:image

「やりたいことが分からない 」と言う人に、私はこんな視点をおすすめします。「自分が何をすれば他人が喜ぶだろう ? 」という視点で考えるのです。実は、それが 「やりたいこと」を見つける近道なのです。

出典「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

何がやりたいのかを見つけるためには、自分の心の蓋を外して、自分ととことん向き合うことが必要だと思う。自分の価値観をはっきりさせる。つまりコンパスを手に入れる必要がある。

しかし逆に、自分中心の視点を捨て、他人の幸せに目を向けるのも近道だという。部分から全体へというだけでなく、自分から他人へ、社会へと、ここでも視点を広げて、抽象度を高めるのが有効なのだ。それが筆者のいう「頭のゴミ」を減らしていくことにつながる。

アドラー心理学でも、他者への貢献が幸せを感じる近道だというが、他人の喜びを考えてみることが、自分の生きる方向性を考える上でも重要となるのだ。