1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

ワクワクしながら読書すれば記憶に残る/「読んだら忘れない読書術」

f:id:gumojin:20180406080325j:image

脳が「重要な情報 」と判断する基準は 2つです。「何度も利用される情報」と「心が動いた出来事」です 。

出典「読んだら忘れない読書術

脳科学的にいうと、最も効果的な記憶術は、「7〜10日以内に3〜4回アウトプットする」ことだそうです。何度も必要になる情報は重要だと脳が判断するわけです。そして神経回路が太くなる。

また、一時的に海馬で記憶した内容をふるいにかけ、これは生きていくためにずっと覚えておくべきことだと位置づけるためには、「ノルアドレナリン 、ドーパミン 、エンドルフィン、オキシトシンなどの記憶力を高める脳内物質を意識的に分泌させる」ことがいいらしく、「あえて」制限時間を決めたり、ワクワクしながら本を読んだり、喜びと幸せに包まれた状態で本を読むと、一時的なメモリーから長期メモリーにその記憶が保存されやすいのだそうです。