1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

ロマンと妄想は紙一重。こいつならやりそうだと思わせられるか/「原晋、魂の語録」

f:id:gumojin:20180312221945j:image

ロマンと妄想は、紙一重だと思いますよ。正直ね。違いは 「そう言ってるけど、こいつならやりそうだね」と自分自身も思えて、相手にも思わせられるかどうか。

「すげえこと言ってるな。だけど、ヤツはやるかもしれないな」という事でしょうね。

出典「人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む 勝利への哲学157 ~原晋、魂の語録

箱根駅伝で連覇を成し遂げた青学大の監督、原晋さんによれば、ロマンと妄想は紙一重という。

誰もそんなことができるとは思えないような状況のなかで、ここを目指そうという「ロマン」を誰かが語るところから何かが始まる。

まずは本気で、自分がやれると信じて、行動していくこと。それが、自分たちにはできるという自信を仲間にもたらし、アイツならほんとにやってしまうかもしれないなと、周りの空気をも変えていく。

ロマンと妄想の違いは、本気さがあふれているかどうかなのだ。