1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

中鎖脂肪酸はすばやく分解されてケトン体になる/「ケトン体が人類を救う」

 f:id:gumojin:20171211075801j:image

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸とは異なり、小腸から門脈を経由して直接肝臓に入り、そこで代謝されてケトン体になります。長鎖脂肪酸と比べて約5倍も速く分解されてエネルギーになるのです 。

出典「ケトン体が人類を救う?糖質制限でなぜ健康になるのか? (光文社新書)

 ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は中鎖脂肪酸、つまり、MCTオイルと言われるものです。すばやく分解されて、ケトン体になるそうです。

糖質がなくても、バテずにパワフルにキレのある動きをするためにケトン体は重要であり、そのエネルギー源を脂肪で補うというのがいいみたいです。