1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

非効率だとしても自分の「好き」を突き詰めよう/「モチベーション革命」

f:id:gumojin:20171115001423j:image

先の見えない、この変化の時代において間違いなく言えること。それは、一見非効率に見える人間の「好き」を突き詰めて、その「好き」に共感する人が「ありがとう」とお金を払ってくれる〝偏愛・嗜好性の循環〟こそが、残っていくということです。

出典「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

人工知能に真似できないこと。それは、非効率に見えるだろうけど、自分はこれが好きなんだ、やりたいんだという「偏愛」をベースとした営みらしい。

自分はこれが好き!というものを持って、突き詰めていける人が価値を生み出せる時代になっていくということです。