1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある/「秋元康の仕事学」

 f:id:gumojin:20171006083054j:image

つまり夢というのは 、夢のほうから遠ざかりはしないです 。必ず自分のほうが遠ざかるんですよ 。夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある 。(中略)

でも、これがやがて必ず届くんですよ 。体が伸びる 。それが、もしかしたら成長なのかもしれないし 。

出典「秋元康の仕事学

夢は意外に近くにあるらしい。

手をめいっぱい伸ばした指先の1ミリ先。

それくらい、もう少しのところ。

 

1ミリとはいえ、届かないものは届かないんでしょと賢く生きるのではなく、1ミリなら届くかもしれないと楽観的にバカになれるかどうか。

 

1ミリくらいなら、何かの間違いでもいいから届くのではないかと信じる。そう信じることができれば、1ミリずつ、夢に近づく努力ができて、ほんとうに届いてしまうことがあるのだ。

信じていれば、その夢が言葉に出たりして、周りの人の協力を得られたりする。

そうしていつか、ほんとうに届いてしまう。

信じるということは、それほど大事なんだ。

秋元康さんは、自分には能力があると思ってるのではなくて、自分は運がいいと信じてるという。人間はそれほど変わらないというのがベースにあり、世の中は98パーセントが運であると考えているのだ。

だから、自然体で、謙虚に、目の前のことに向き合い続けられるのだろう。