1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

わからないから面白い。間違えたら修正すればいい。/「秋元康の仕事学」

 f:id:gumojin:20171003224445j:image

結局 、設計は机上の理論ですから 。机上の理論でつくっているものというのは 、実際に走らせてみたら 、ドアが開きにくいなどの思いがけない部分は 、当然出てくるものなんですね 。重要なのは 、そこでどれだけ臨機応変に対応できるかだと思います 。

出典「秋元康の仕事学

間違えるときは間違える。

やってみなければわからない。

予想外のいいことが起こることもある。

だから、面白い。

まずは走ってみて軌道修正すればいいのだ。

大切なのは、臨機応変な対応である。

デッサンをするときと同じだ。まず線を引いてみて、線を重ねて、大きな形を描いていく。

秋元康さんは、大きなコンセプトはつくるけれど、スタッフやファンの声や反応をどんどん取り込むらしい。