1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

相手が抱く全体像や予定調和をいい意味で裏切ろう/「秋元康の仕事学」

 f:id:gumojin:20171002221509j:image

その予定調和が裏切られたときに 、人は面白いと思うのです 。つまり 、自分が見たことがないものだから 、ハッとするわけですね 。

出典「秋元康の仕事学

人は何かを見たときに、なんとなく全体像を描こうとする。こういう感じのものだよねと、わかった気になろうとする。

何かを生み出す側としては、決してわかった気にならないように、いつもの風景さえも初心で眺めるようにすることだ。

そして、あえてみんながなんとなく抱いたイメージを裏切る。

予定調和を壊されて、初めてのことを目にしたときに人は面白いと思うのだ。

タモリやアントニオ猪木も予定調和が大嫌いだったようだが、このことを知っていたに違いない。

秋元康さんによれば、むしろ全体像をわかりにくくすることがエンターテイメントの基本なのだとか。一言では説明できなくて、たくさんの魅力や意外性があって、え、なんなんだろうこれ?という感じ。

とはいえ、気をてらってばかりでもいけないので、みんなは何を見たいのか。感じたいのかを忘れてはならないのでしょうが。