1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

寝る前は単調で受身の状態に身をおくこと/「スタンフォード式最高の睡眠」

 f:id:gumojin:20170925222644j:image

単調な状況だと頭を使わないから 、脳は考えることをやめ 、退屈して眠くなる 。モノトナス (単調な状態 )にすることは 、眠るための脳のスイッチである。

出典「スタンフォード式 最高の睡眠

深く眠るためのもう一つのスイッチは、脳を休息させることだ。

そのためには、単調で受け身の状態が良い。いつもの状態が一番良いのだ。

ストレッチを集中してやったり、受け身といっても面白い動画などを見てしまうと脳が動き出してしまう。

寝る前は、潔く脳のスイッチをオフにしよう。そして明日また、いいスタートを切ろう。

 

ちなみに、いつも寝る時間の少し前は、睡眠圧に対抗する物質「オレキシン」がたくさん出てるから、なかなか眠れないらしい(この説が濃厚らしい)。

目を閉じてから8分くらいで眠るのが平均的らしいから、焦らずに、なるべくいつもの時間にスイッチを切るようにしよう。