1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。毎日更新中

「すごいね」と子どもの頑張りを認めること/「子育ては心理学でラクになる」

f:id:gumojin:20170723183109j:image

「あんなにがんばったのに」という悲しさです。これが続くと、子どもはがんばること自体、やめてしまうのです。「どうせ親は満足しない」と思ったら、がんばる意味がないからです

出典「子育ては心理学でラクになる

親はまず、子どもをそのまま受け容れることが大切です。ありのままでいい。素晴らしい存在なのだ。まずは今回頑張れたことはすごかったよというメッセージを伝えるのです。

期待やめざすべき目標に対して、まだまだ足りないということが前面に立つと、そのがんばった誇らしさが悲しさに変わり、がんばることをやめてしまう、あるいは、言われたとおりに行動するロボットのような子どもになります。

「すごいね。がんばったね。」と、まずはそのプロセスの質を褒める。結果についてはその次で良いのです。 子どもの中で湧いてくる挑戦する勇気を引き出し、待つことです。