読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1分読書

サクッと読めてグッとキク。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。毎日更新中

真剣だけど深刻にならずに楽しむこと

僕自身 、試合中に深刻になってしまうことがよくあり 、「真剣にプレーすることは 、楽しんでプレーすることなんだ 」と 、しょっちゅう自分に言い聞かせていました 。 出典「本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)」 あの松…

人間には達成感が毎日必要だ

達成感は日々必要なものです。 出典:「なぜあのリーダーに人はついていくのか」 結果はともかく、人間には「達成感」が必要です。金銭報酬も必要ですが、それよりも達成感がなければ、今やっていることを続けられません。 そのためにできることは、小さな成…

どこを目指してどの程度やるかが違いを生む

いい会社と悪い会社でやっていることは、表面上はほとんど一緒です。やるべきことも一緒です。 何が違うのかといえば、どの程度までやるのか、どの水準を目指すのか、それだけです。 出典「徹底のリーダーシップ」 すごい会社は、何か全く違うことをやってる…

楽観主義を鍛える

「悲観主義者はあらゆる好機に困難を見出す 。楽観主義者はあらゆる困難に好機を見出す 」ウィンストン ・チャーチル (第 6 1 ・ 6 3代イギリス首相 ) 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人を動かす自分を手に入れる」 楽観主義は成長の必要条件である…

パフォーマンスを向上させるためにプロセスを振り返ること

どんな行動やプロセスが成功に 、それとも失敗につながったのかを理解しようとしているだろうか 。パフォーマンス向上を実現するのは 、やる気や願望ではない 。データに基づくフィードバックだ。 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人を動かす自分を手…

力を抜いて素直に行動すること

力を入れて 、きっとこうしようと思っていたら、思いどおりにいかなければ、それが失敗になるけれども、最初からそれがないわけですね 。 出典「好きなことをやって、成功する法則。」 じぶんの思いや考え、意気込みも大事だが、それに固執して力が入ったり…

学んだことを捨てて学び続けること

「 2 1世紀における 『無学者 』とは 、読み書きを知らない人のことではない 。学び 、学んだことを捨て 、再び学ぶことができない人のことだ 」アルヴィン ・トフラ ー (評論家 ・作家 ・未来学者 ) 出典「影響力の秘密50 ここぞというとき人を動かす自分…

40代こそ異なる考えが書かれた本を読む

医学的見地から見ると 、 4 0代に入ると 、前頭葉が委縮することにより思考の柔軟性が失われ 、自分の考えとは異なることが書かれた本は 、はなから受けつけなくなる傾向があります 。だからこそ 、意識して積極的に異論を読もうとする姿勢が重要になります …

個人としての成功のコツは「自分がしたくないことを見つけ出しそれをやめること」

あなた個人の継続的な成功は、強みの道からあなたを引きおろそうとする活動や人を排除できるかどうかにかかっている 出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」 個人としては、じぶんの弱みをカバーするのではなく、強みをい…

人が学ぶのはこの3つから

人間は 「人から学ぶ 、本から学ぶ 、旅から学ぶ 」以外に学ぶことのできない動物です。 出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50」 人に会うこと。 本を読むこと。 旅をすること。 スピードある判断をして、走りながら考えるためには直観…

新しいことを始めることで人は生き生きする

どんなことでも 、新しいことを始めることほど 、人間を生き生きさせるものはありません 。 あなたが生き生きし始めると 、まわりまで生き生きし始めます 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 新しいことを始めることで、じぶんもまわ…

何かを成し遂げるための二重目標という考え方

「二重目標 」という考え方があります 。 二重目標とは 、何かを成し遂げるにあたって 「毎日絶対にできる目標 」と 「理想的な目標 」の二つを作るという方法です 。 出典「ぼくらの仮説が世界をつくる」 人はサボるものだから、努力を続けていけるような工…