1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

波の予兆をいち早く感じてポジションを取れ/「ブランド人になれ!」

誰も関心を示さない「波の予兆 」を感知し、盛り上がる前に、誰よりも早く秘密のビーチに駆けつけろ ! 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)」 サーフィンと同じく、良い波に乗るためには、波の予兆をいち早く感じ取らねばならな…

いざというときにプライドを捨てられること

Confidenceとは 「今この瞬間 、全てを失っても 、俺は俺だ。いつだってゼロからやり直してまた這い上がってみせるぜ!」という自分自身の内発的な強さに由来するもの。自分が信じる自分の強さだ。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks …

一流と超一流の違いは数字上は紙一重

あと5本、あと10本、ヒットが打てるかどうか、その誤差のような違いで、年俸のケタが圧倒的に変わってくるのだ。 「並 」「一流 」「超一流 」の違いは、実のところ数字上では紙一重の差でしかない。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPick…

家族と向き合い理不尽を学べ

ビジネスの世界では、がんばったらがんばっただけ成果が出るが、家族とのつきあいにおいては、いくらがんばってもまるで成果が出ないどころか、それが裏目にも出る。トラブルの連続だ。だからおもしろい。そして、それこそがリアルだ。 (中略) 人間の複雑…

正直者でなければ長持ちしない/「ブランド人になれ!」

表と裏がある卑怯者は決して、長持ちはしない。君のことを、君以上によく観察している人が周りにはあふれている。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言」 武勇伝を作って、あの人すごいよね!と言われたとしても、表裏がある人間はすぐに見破られて…

武勇伝の4つのパターン/「ブランド人になれ!」

「ためらわぬ自己犠牲」 「命がけの覚悟」 「絶体絶命のピンチ」 「振り絞った勇気」 が、古今東西の武勇伝のパターンだ。 君の仕事にはこの4つがしっかりとあるだろうか? 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)」 ただ無難に勝っ…

社外でこそ有名になれ/「ブランド人になれ」

顰蹙を買いながらでも名乗りをあげる。 既得権にしがみ付くのではなく、無謀なチャレンジに身を乗り出す。 成功パターンに固執するのではなく、新しいことを学び続ける。 社内政治を鼻で笑い、社外でこそ有名になる。 出典「ブランド人になれ! 会社の奴隷解…

誰かと仲良くなるための3つの条件

誰かと仲良くなるための条件は3つあると、楽天のある店長さんに教わりました 。それは、①マイクロインタレスト、 ②自己開示、 ③コミットメントです 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」 マイクロインタレスト…

ストリートスマート〜文字面ではなく本質をつかめ

その時、その場の状況に応じて臨機応変に、 「それってこういうことだよね 」とそもそもの本質に立ち返って考える力のことを指します。そうしたやり方は 「ストリートスマート 」と呼ばれています。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これか…

解決すべき課題を発見することが人間の価値になる

「自分の〝好き 〟をとことん突き詰める」に加えて、AI以降に人間に求められるのは、何が世の中の問題となっているのか、解決すべき課題は何かを発見する能力だと考えています 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のル…

最後の最後まで粘ったものが大きな成果を手にできる(三木谷曲線)

諦めずに努力を続けると、あるレベルを超えた瞬間、急激に伸びます 。 たいていの人は、そこまで努力できません。99.5%努力して、諦めてしまう。 残りの0.5%、最後の最後まで粘って努力し続けた人だけが、結果をごっそり独り占めできる 出典「どこでも誰と…

はじまりの場所にいること

自分の強みをつくったり 、自分を成長させたりするときに 、いちばん簡単なのは 、何かが始まる場所にいることです 。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」 自分の強みを広げ、成長するために、手っ取り早いの…

相手の期待値を管理せよ

期待値をある程度高めて相手の行動を引き出しつつ、それ以上は無理に上げず、逆にいったん落ち着かせる。 その後の本番で、期待値をはるかに超えるサプライズを演出する 。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」…

受け取る人に合わせたストーリーで説明責任を果たせ

アカウンタビリティというのは 、相手の方次第で決まるからです 。自分の都合ではなく、受け取る人に合わせてストーリーをつくらないと、説明責任を果たしたことになりません 。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のル…

お互い信じて情報を共有できるからボトムアップイノベーションが生まれる

みんながお互いに信じることができて 、誰もが情報をとれる状態になっているから 、ボトムアップ ・イノベ ーションが起きるんだ 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」 これはグーグルのラリーページが、情報を…

自分の知識や情報を仲間とシェアしよう/「どこでも誰とでも働ける」

知識や情報は隠すよりもオープンにしたほうが自分のためにもなり 、他の人からも信頼されるから 、圧倒的に得なのです 。 出典「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール」 情報が一瞬で調べられるスピーディなこの時代、知…

壁を壊すためには相手にGIVEし続けること

もしあなたが新しい職場に馴染みにくいと感じるとしたら、それは自分で勝手に「壁」をつくっているだけではないでしょうか。 その「壁」を壊すのは簡単です 。 ひたすら相手のためになることをギブし続けること 。 これさえできれば、本当に「どこでも誰とで…

小さな一歩が世界を変える 誰でも世界を変えられる

「世界を変えていく」と言うと、大きなことを言っているように聞こえます。 世界の中のたった一人を変えていけばいいのです。 ドミノを全部倒す必要はないのです。 ドミノの一枚を倒していくことが、世界を変えます。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよ…

育成のためには我慢して手を出してはならない

リーダーの最大の仕事は、育成です。 育成するには、手を出さないことです。 手を出すのは、自意識があるからです。 手を出した方が早いし、ラクです。 部下に任せないのは、ラクな道を選んでいます。 育成は、よりしんどい道を選んでいます。 出典「40歳を…

面白くない仕事を面白くする

面白くない仕事を面白くするノウハウをためていくと、何をやっても面白くなります。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 40代にもなれば、いろいろわかってくる。 貧乏くじの仕事、地味で面白くなさそうな仕事など、パッと見たらわかるようになる。…

毎日コツコツを楽しもう

上り坂になって、自己肯定感が高まると、毎日コツコツができます。 毎日コツコツやっても、結果は出ません。 結果は出なくても、毎日コツコツやっていることが楽しいのです。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 いつか花が咲くだろうと思えたら、…

感謝されるより感謝することだ

「感謝されたい人」は、「あの人から、まだ感謝されていないけれど、どうなっているのかな」と考え、ストレスをためます。 「感謝したい人」は、「まだ、感謝し忘れている人がいないかな。あ、いたいた。こんなにお世話になっていた」と幸せな気持ちになりま…

間違っててもいい。好きな方を選ぼう。判断ではなく決断するのだ。

40 歳からは、「判断」を捨てる。 「決断」は捨てない。 判断は、正しいほうを選ぶことです。 つまり、損得です。 決断は、たとえ間違っていたとしても好きなほうを選ぶことです。 (中略) 「結局、あれは正解だったね」と周りに言わせる努力をする。 とい…

力を入れずに成果を出せるのがプロである

40代はプロです。 プロは、力を入れない工夫ができるのです。 いいかげんにやるということではありません。 いかに力を使わないで、最大限の効果を発揮し、人を感動させることができるかを目指すのです。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 がむし…

世界一ではなく世界初をめざせ

かつての世界一は、いつか破られていくのです。 40 代から目指すのは、世界初です。 世界初は、どこまで行っても破られません。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 評価を求めるならば世界一をめざすべきです。 しかし世界一になったとしても、い…

きれいすぎなくて良い

どこか破綻した部分を持っておくことで 、そこから次のモノが生まれます 。 きれいすぎないのが芸術です 。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 成功は、整った完成形を目指すものだ。 しかし成長は、そうではない。 きれいすぎると、そこで終わっ…

40歳までに見た自分は自分の中のたったの5パーセント

40歳までに見た自分は、自分の中の5%です。残り95%の自分は、まだ見ていません。 可能性はまだまだあるのです。 そのためには、いつもの自分が選ばないほうを選ぶことが大切なのです。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 40歳は、そこそこわか…

意味がわからないことも拾っていこう

意味がわからないところに伸びシロがあります。 本も、意味がわからないところも読んでおくことが、その人の伸びシロや突破口になるのです 。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 意味が分かることというのは、今、すでに持ってる領域の話です。そ…

人生の往生際は悪くていい

「このままで死にたくない 」と思った人は、勉強します 。 勉強は、諦めない人がすることです。 諦めた人は貯金します 。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 いろいろなことが見えてくる40代。 知識や経験を得たかわりに、現実と限界が見えてきて…

過去の成功体験を捨てよう

成功した人ほど、前の成功のパターンにハメていこうとします。その場を素直に見ることができなくなるのです。 前の成功にこだわると、自分の選択肢が減って、視野が狭まります 。 出典「40歳を過ぎたら「これ」を捨てよう。」 成功体験を引きずると、現実を…