読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1分読書

サクッと読めてグッとキク。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。毎日更新中

すぐれたリーダーは明確に示すことで人々を団結させる

すぐれたリーダーになるためには、反対のスキルが必要だ。私たち全員が共有する欲求を熟知しなければならない。(略) 知らないものに対する不安を未来への自信に変えるには、リーダーは、私たちみんなの未来を正確かつあざやかに描写できるように訓練しなけ…

すぐれたマネジャーは個性を活用する

すぐれたマネジャーになるために忘れてはならないのは、部下にはそれぞれ個性があること、そしてあなたの主要な責務はこの個性を排除するのでなく、活用できるように、役割や責任や目標のほうを調整することだ。 出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考…

マネジャーとリーダーに求められることはまったく違う

成功は 〜マネージャーのものであれ、リーダーのものであれ、個人のものであれ 〜オールラウンド、幅広さ、バランスのよさを求める者には決して訪れないということだ。 出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」 「マネージ…

組織ができることは上に立つものの器で決まる

どんな組織も上に立つ人の器以上のことは何もできないということです 。 出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50」 組織として何かを行うときは上に立つもののGOサインが必要です。 そこではやはり上に立つものの理念や価値観、そしてリス…

人が学ぶのはこの3つから

人間は 「人から学ぶ 、本から学ぶ 、旅から学ぶ 」以外に学ぶことのできない動物です。 出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50」 人に会うこと。 本を読むこと。 旅をすること。 スピードある判断をして、走りながら考えるためには直観…

新しいことを始めることで人は生き生きする

どんなことでも 、新しいことを始めることほど 、人間を生き生きさせるものはありません 。 あなたが生き生きし始めると 、まわりまで生き生きし始めます 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 新しいことを始めることで、じぶんもまわ…

苦労を乗り越えてきれいな花を咲かそう

冬が寒かった年ほど 、春にはキレイな花が咲くのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 苦労したほど、人は磨かれる。 苦しむことで得られる何かが必ずある。 それを信じて、辛くてもここを乗り越えましょう。 いつかきっと、きれい…

やれることよりやりたいことをやろう

「やれること」の中には、あなたはない 。 「やりたいこと」の中にこそ、あなたがいるのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 次の3つの円の重なるところを仕事にできたらいいという話がある。 やれること やりたいこと 役に立つ…

成功を告げる失敗カモメ

人生という航海では 、成功を告げる 〝シッパイカモメ 〟が見えているのに 、引き返す人のなんと多いことでしょうか 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている」 船乗りはカモメが飛んでいるのを見て、陸地が近いことを知るそうです。 失敗は、カモメの…

失敗というダイナマイト

あるところで 、過去の経験をご破算にしなければならないのです 。過去の経験を打破するのが 、失敗という経験です 。過去の経験を打破する失敗というダイナマイトから 、未来は開けるのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 過去…

角をとらずに丸くなれ

角にこそ 、あなたの成功のチャンスが秘められているからです 。 同じ丸くなるなら 、角がとれて丸くなるのではなく 、トゲをいっぱい増やして 、ウニのように丸くなるのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)」 角がとれたということ…

人間をもっともドキドキさせるもの

もっとも人間をドキドキさせ 、やる気を起こさせるのは 、お金よりも 、アイデアなのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている」 こんなことやってみよう。 ジャストなアイデアが人をワクワクさせます。 そうして人が集まり動き出せば 何かやれるは…

成功の解釈の幅を3mm広げよう

成功者とは 、成功の解釈の幅が 、普通の人より 、ちょっとだけ広い人のことをいうのです 。他の人が失敗だと思い 、落ち込むようなことでも 、大成功と喜ぶことのできる人なのです 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている」 起こったこと 与えられた…

意味なんて考えなくていい

成功する人は 、意味なんて考えません 。 意味や解釈を求め始めたら 、成功を諦め始めた証拠です 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている」 欲しいのは意味ではなく、成功。 だとしたら、意味なんて考えなくていい。 というか、今この瞬間、ただやる。…

逆転するときは常に大逆転

人生においては 、小逆転はないのです 。 逆転は 、常に大逆転なのです 。 あなたが 1 0点差で負けていたら 、大逆転は 、もう目の前です 。 出典「1日3回成功のチャンスに出会っている」 1点差で負けているときは、むしろ逆転しにくい。 大差で負けていたら…

できないと思ったら、自分の思い込みをチェックしよう

「できない 」と思っているところには 、いつも自分がつくり出した基準がある 。 それは世の中の基準だと思っているかもしれないが 、結局のところ 、受け入れているのなら自分の基準である 。 自分でつくり出した基準なら 、いくらでも変えられる 。 変化を…

子どもには温かくも厳しく自主性を尊重する

性別、民族性、社会的地位、婚姻区分にかかわらず、「温かくも厳しく子どもの自主性を尊重する親」をもつ子どもたちは、ほかの子どもたちよりも学校の成績がよく、自主性が強く、不安症やうつ病になる確率や、非行に走る確率が低いことがわかった。 出典「や…

意見を求められたら自分なりの小発見を話せ

意見を求められた時は 、反対でも賛成でもない 、当たりさわりのない意見より 、 自分なりの小発見を話すほうがいいのです 。 出典「会話力のある人は、うまくいく。」 あたりさわりのない意見ではなく、自分で観て感じた小発見を話すほうがいい。 そして、…

薬になる言葉で周りの人を元気づけよう

薬にもなれば毒にもなるのが 、会話です 。薬としての言葉を 、たくさん覚えていくことです 。 出典「会話力のある人は、うまくいく。」 お医者さんの「だいじょうぶだよ」「つらかったでしょう」という言葉は、それだけで人を元気にさせます。 言葉がもう薬…

相手にとってのご利益を話そう

赤ちゃんの会話は 、自分の主張しかしません 。 子どもの会話は 、赤ちゃんより少し成長します 。言いわけしたり 、「なぜこうかと言うと 」と説明したりします 。 大人の会話は 、「こうすると 、 ○ ○ですよ 」と 、相手の利益を話します 。 出典「会話力の…

相手が使っている言葉で話そう

通じているなら 、直さなくてもいいのです 。 会話は 、相手が今使っている言葉で話すことが原則です 。 出典「会話力のある人は、うまくいく。」 お冷ください。 お水ですね? と言いなおすのではなく、相手の言葉で話すこと。 間違いを指摘された感をもた…

会話は図々しいくらいでいい

会話は 、図々しいぐらいでいいのです 。 踏み込みすぎて下がる、踏み込みすぎて下がる、の繰り返しです 。 パターで言うと 、オーバーするということです 。 手前でとまると 、会話はできないのです 。 出典「会話力のある人は、うまくいく。」 一歩踏み込…

よけいな一言をあえて言おう

会話には 、 ①簡潔にまとめられる ②よけいなひと言が言える という 2通りの能力があります 。 出典「会話力のある人は、うまくいく。(中谷彰宏)」 必要最小限のやりとりは味気ないものです。 余計な一言が、愛嬌を生み出し、それはチャンスにつながります…

今この瞬間を真剣に生きる。

われわれはもっと 「いま 、ここ 」だけを真剣に生きるべきなのです 。過去が見えるような気がしたり 、未来が予測できるような気がしてしまうのは 、あなたが 「いま 、ここ 」を真剣に生きておらず 、うすらぼんやりとした光のなかに生きている証です 。 …

普通であることの勇気を持とう

普通であることとは 、無能なのではありません 。わざわざ自らの優越性を誇示する必要などないのです 。 出典「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」 特別であろうとすると他人が気になります。 ありのままの自分でいい。普通でもいい。 そし…

褒めるのではなく感謝や喜びを伝えよう

他者に関心を寄せること 、そして横の関係を築き 、勇気づけのアプローチをしていくこと 。 これらはすべて 「わたしは誰かの役に立っている 」という生の実感につながり 、回りまわってあなたの生きる勇気につながるのです 。 出典「嫌われる勇気―――自己啓…

他者の課題を切り離し自分の人生を生きよう

自らの生について 、あなたにできるのは 「自分の信じる最善の道を選ぶこと 」 、それだけです 。 一方で 、その選択について他者がどのような評価を下すのか 。 これは他者の課題であって 、あなたにはどうにもできない話です。 出典「嫌われる勇気―――自己…

自然体で自由にふるまえるのがほんとうの愛

人は 「この人と一緒にいると 、とても自由に振る舞える 」と思えたとき 、愛を実感することができます 。 劣等感を抱くでもなく 、優越性を誇示する必要にも駆られず 、平穏な 、きわめて自然な状態でいられる 。 ほんとうの愛とは 、そういうことです 。 …

比べるべきは他者ではなく理想の自分。ただ前へ進めばいい

「人生は競争ではない 、と ?」 「ええ 。誰とも競争することなく 、ただ前を向いて歩いていけばいいのです 。もちろん 、他者と自分を比較する必要もありません 。」 出典「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」 人はみな対等な存在です。 …

与えられたものをどう使うかが大切

彼はいいます 。 「大切なのはなにが与えられているかではなく 、与えられたものをどう使うかである 」 出典「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」 あれが足りない。 これが足りない。 環境が悪い。 自分では変えられないものに意識を引きず…

機嫌が悪くてもニコニコできること

自分がピンチに陥った時に冗談を言えるのは 、その人の本当のユーモアです 。 同じように 、機嫌がいい時にニコニコするのは当たり前です 。 機嫌が悪い時にニコニコできるのは 、品性のある人です 。 出典「オヤジにならない60のビジネスマナー お客様・女…

コミュニケーションは対等な関係がベスト

いちばん心地よいコミュニケーションは 、対等な関係です 。 対等だからこそ 、自分が相手の立場になれるし 、相手から学べるのです。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン」 お客さんに合わせてばかりでは、先回りもできません。 …

もっといい自分になれるように前向きに自己否定をする

今の自分が絶対に正しいと思っていない謙虚さ 。 いつでも自分を疑い 、前向きな自己否定をし 、新しいことを学ぶひたむきさ 。 自分らしさにとらわれずに 、自分をアップデ ートできる賢さ 。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン…

自分らしさを捨て、心で考えるスイッチ入れよう

心で考えるスイッチを入れるには 、自分らしさを捨てること 。 素直でまっさらな自分になれば 、いろんなことを受け入れ 、いろんなことを猛スピ ードで学べ 、一瞬で慣れることができるでしょう 。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレ…

観察力と感情移入で心のアンテナを広げろ

誰かの心が求めているものを察知するのは難しいことです 。日常の暮らしの中で 、つい見過ごしてしまうようなことばかりかもしれません 。それでも 、自分の心のアンテナを広げ 、意識的に探し続ける 。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功…

当たり前の中のとびきりを探せ

よく知っているもののなかの新しさ 。 あたりまえのなかのとびきり 。 心で考えて 、 そんなものを探し続けようと僕は決めています 。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン」 人は、まったく知らないものを知るよりも、よく知って…

心で考えるために穏やかでニュートラルな状態でいよう

頭と心のスイッチを切り替えることは難しいけれど 、切り替えやすくするためには 、いつも穏やかな 「プラスマイナスゼロ 」の状態でいることが一番です 。 頭は働いていて 、冷静な計算はするけれど 、人として温かい 。 心は働いていて 、感情豊かではある…

頭ではなく心で考えることだ

おおらかな想像に 、 「自分が信じたことは絶対にやり遂げる 」 とか 、 「自分が思い描いた場所に必ず行き着く 」 という意志と執念を付け加えること 。 それが心で考え 、 心を働かせるということです 。 出典「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成…

あなたを傷つけた人を許してあげよう

あなたを傷つけた人を許してあげよう。 人を傷つけるのは、二流の人だけです。 出典「何もいいことがなかった日に読む本 (PHP文庫)」 傷つけられたとしても、許してあげましょう。 他人を傷つけない一流の人になりましょう。

マラソンのコツはしんどくなる前に歩くこと

マラソンのコツは 、頑張りすぎないこと 。しんどくなる前に歩くこと 。 出典「何もいいことがなかった日に読む本 (PHP文庫)」 頑張りすぎちゃ、しんどくなる。 しんどくなる前に歩きましょう。 歩いていると、また元気が出て、走りたくなる。 それがマラソ…

ラベルをはられてもいいじゃない

本当の君は 、そんなラベル通りの人間じゃない 。だからといって 、怒ることなんかない 。ラベルをはられたからといって 、君自身が変わるわけじゃない 。ラベルをはるくらいで落ち着いてもらえるなら 、どんどんラベルをはってもらおう 。 出典「何もいいこ…

ちょっと居心地が悪いから成長できる

居心地のいい場所は 、人の力を奪ってしまう 。 ちょっと居心地が悪いから 、そこから抜け出そうとして 、成長することができるのだ 。 出典「何もいいことがなかった日に読む本 (PHP文庫)」 居心地がいい環境にいることは、今は良いのですが、成長はできな…

追い込まれたときは追い込み返せ

追い込まれたら 、追い込み返そう 。 助かる道は 、そこにある 。 出典「何もいいことがなかった日に読む本 (PHP文庫)」 追い込まれたとき、逃げれば逃げるほど苦しくなる。 だから、追い込み返すしかありません。 まずは逃げないと決めましょう。 逃げ道は…

自分が本当にやりたいことは何かを問い続ける

最後に正月に会ったとき 、父が 、久しぶりで酒が入ったせいもあるのでしょうが 、妙に真面目な顔をして 、 『聡史 、別に裕福にならなくても人生は食べていけさえすれば申し分ない 。お金なんか稼ぐのに汲々となり過ぎるのは良くない 。人生は一度で短い 。…

子供に主体性を持たせるために父親ができること

父親が 〝主体性 〟を持って家事をやる 〝だけ 〟で 、家の中の雰囲気がとても良くなります 。これを続ければ 、子供に 〝主体性 〟を持って行動することがどんなに良いことか 、間接的に伝えることができます 。そしてそれが子供に 〝主体性 〟を持たせるこ…

努力する習慣を子供が身につけるために

努力する習慣というのは 、幼いときから親が鬼のような気持ちになって 、かわいがり過ぎずに 、努力するように 、我慢するように 、しつこく 〝突き放して 〟育てないと身に付きません 。かわいがってしまったら 、身を粉にするような努力をする子供にはなり…

子供を外に連れ出して一緒にいる。それだけでいい。

子供の相手をするのは父親がふさわしいとわかったところで 、それじゃ何をやったらいいのか ?という疑問が湧いてくることでしょう 。これはとても簡単なことです 。 「外に連れ出して 、一緒にいるだけ 」でいいのです 。 出典「男の子を伸ばす父親は、ここ…

相手をまず信じるということ

人の気持ちなんて、わかるわけないでしょ!! わかるわけないからこそ、僕は信じる。 出典「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」 人の気持ちを考えることが大切ですが、人は奥深いので、それは簡単ではないということを知っておくことが大切です…

君がなんとなく生きた今日は、

君がなんとなく生きた今日は、 昨日死んでいった人たちが、 どうしても生きたかった大切な明日だ 出典「たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-」 昨日の「たった一人の熱狂」つながりですが、この本にも、仕事したいと言いつつ亡くなった友のエピソー…

我慢して仕事をすることについて

彼が死に際まで 「やりたい ! 」と言っていた仕事を 、我慢しながらやっている 。 それは 、仕事というものを侮辱しているのではないか 、と感じたのです 。 出典「ぼくらの仮説が世界をつくる」 この本の結びに、 大きなドミノを倒して世の中を変えていく…