1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。毎日更新中

子供にとって保険になる言葉「普通でいい」/「諦める力」

「平凡な人生を 」 「大それたことをしない 」 陸上だけではなくすべてのことにおいて 、僕がこれまで自由に人生の選択を重ねてこられたのは 、こうした母の言葉があったおかげだ 。母のこの言葉は 、僕にとっては 「保険 」のようなものだった 。仮にすべて…

手段を諦めても勝つことは諦めない/「諦める力」

人間には変えられないことのほうが多い 。だからこそ、変えられないままでも戦えるフィールドを探すことが重要なのだ 。 僕は、これが戦略だと思っている 。 戦略とは、トレードオフである 。 つまり、諦めとセットで考えるべきものだ 。 だめなものはだめ、…

努力だけで全てなんとかなるわけではない/「諦める力」

「才能じゃない 、努力が大事なんだ 」 一見すると勇気づけられるこの言葉が、ある段階を過ぎると残酷な響きになってくる 。 この言葉は 「すべてのことが努力でどうにかなる 」という意味合いを含んでいて、諦めることを許さないところがある 。 挫折するこ…

怒られるときはとにかく話を聞くこと/「指名される技術」

客が怒ることを伝えるときは、なるべくそれを「聞く」状況をつくる方が得策です。むしろあなたがその当事者として、相手の愚痴を聞くことが、次の関係修復のスタートの必須条件となる。 出典「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」 …

休日でも旅先でも仕事の主電源を切らない方がいい/「汗をかかずにトップを奪え!」

旅先でも、午前に五分、午後に五分程度でいいから仕事(クリエイティブワーク)に頭をめぐらせることだ。そうやって主電源を切らず、ずっと「あれの続き」が継続している状態をキープしておくことだ。 特に、旅先のような非日常的な空間で浮かんだアイデアに…

お見送りがその日の印象を決める/「指名される技術」

客のその日の店への印象は、店を出るときの印象でファイナライズされるからです 。 出典「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」 やはりお見送りは大切です。 お客さんのその日の印象は、最後の最後にファイナライズされるからです。…

一流のサービスマンは個人的な感情を封印する/「指名される技術」

プロが仕事をするとは 、個人的な本性を封印して、いっさい出さぬことを言う 。でなければ、一流のサービスとはならない 。 出典「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術」 お客さんは対価を払う代わりに、ある範囲において、わがまま…

わがままをさばくプロになれ/「指名される技術」

面倒くさい人ほど 、周囲は合わせるのに疲れるものです 。自慢話 、相談 、口説き 、愚痴 … …主役の行動にいちいち振り回される 。だからこそ 、それを上手にさばく柔軟さ 、 「脇役のプロ 」の技術が冴える 。これこそが一流ホステスが持つ職人芸なのです …

解決はいいが終結を提供してはならない/「指名される技術」

「解決 」を提供することはあっても、「終結 」を提供してはならない 、だからこそ常に 「火種 」を提供し続ける 。これがアメリカ人の作ったビジネスモデルです 。恐ろしいですが、事実です 。 出典「指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための…

まず相手の心をぶちまけさせることで信頼関係が生まれる/「指名される技術」

その人が怒りっぽいタイプの人なら怒らせ 、不満を持っているなら愚痴を聞き 、徹底的に不満をぶちまけさせる 。彼らが抱える面倒な悩みや愚痴やわがままな要求を話させれば話させるだけ 、それを聞いている自分との間に 、奇妙な信頼関係が生まれ始めるから…

安定して指名されるには、主役を立てること/「指名される技術」

本当に息が長いのは脇役です 。目立たないがあちこちのドラマにいつも顔を出している 。脇役は、誰が主役であれ、その主役を盛り上げる柔軟さを持っている 。 指名され続け、成績を上げてゆくためのレシピは、主役ではなく、実はこの 「脇役 」にあると思っ…

計画もいいが、結局やれることは目の前の仕事に全力を尽くすこと/「汗をかかずにトップを奪え!」

人は計画的であろうとすると 、どうしても保守的になってしまう 。突然 「そのとき 」が目の前にやってきても 、リスクを冒して飛び込むことができなくなる 。臨機応変な対応がとれなくなるのだ 。 下らない長期計画なんか立てる必要はない 。どのみち 、や…

仕事場でも心を開いて自分を発信せよ/「汗をかかずにトップを奪え」

相手のことをロクに知らず 、自分のことをちゃんと知らせていないからこそ 、無用な怒りやストレス 、妬みや嫉みが出てきてしまう 。それだけの話だ。 出典「汗をかかずにトップを奪え! 『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾」 自分は理解されていないと嘆く前に…

会社員のゴール。それは指名される存在になること/「汗をかかずにトップを奪え」

指名されること、それがこれからの会社員の「ゴール 」だ 。会社の中で、上司から 「この仕事はお前に任せる 」と指名される 。そして会社の外からも 「担当は○○さんでお願いします 」と指名される 。こうやって会社の内外から指名を受けるようになれば 、も…

仕事で一番楽しいのは「刺激的な出会い」。そのために仕事を極めよ。/「汗をかかずにトップを奪え!」

仕事において、いちばん楽しいのは「刺激的な出会い」だ。 仕事を極めれば極めていくほど、刺激的な出会いや運命的な出会いがある。 人との出会いだけは、いつまでもマンネリ化しない。そして彼らとの出会いを重ねるうちに、自分の成長を肌で実感することが…

会社でがんばりが認められないのは当たり前/「汗をかかずにトップを奪え!」

会社なんてものは 、社会的使命を持った清く正しい中立公正な組織などではない 。どこかのオッサンが 、自分の欲を満たすためにつくった組織が会社であり 、どこまでも人間臭く 、どこまでも不完全な組織が会社なのだ 。 出典「汗をかかずにトップを奪え! …

仕事とは大いなるヒマつぶしである/「汗をかかずにトップを奪え」

人間は 、決してメシを食うためだけに働いているわけじゃない 。働きもせず 、無益に過ごす時間 、あるいは孤独に耐えられないからこそ 、働いているのだ 。つまり 、仕事とは 「大いなるヒマつぶし 」なのである 。 出典「汗をかかずにトップを奪え! 『ド…

仕事では共感しても同情してはならない/「EQ こころの距離の近づけ方」

部下に同情してしまうと、こう決めたら彼に仕事のしわ寄せがくる、かといって、ああ決めれば、他とのバランスが崩れる … 。要するに、判断スピードが鈍り、決断ができなくなってしまいます 。 物事をスピーディに決めることができるマネージャーは共感しても…

ほめられた時はちゃんと感謝を伝えよう/「EQ こころの距離の近づけ方」

相手とのこころの距離を近くしようとするなら 、話しかけることと同様 、話しかけられ方もとても重要です 。(中略) 話しかけられ方の原則は 、相手の気持ちに対してどう応えるか 、という一点に尽きます 。たとえば 、誉められたり 、励まされたら 、それ…

早い。しつこい。体当たり。という3つの武器/「EQ こころの距離の近づけ方」

「早い ・しつこい ・体当たり 」 ─ ─この三つはビジネスのプロが持つ武器そのものです 。(中略) 仕事の指示に対して速やかに実行する 。それも指示に忠実であるだけでなく 、一歩先を読んだ行動をとり 、それが好結果を生みます 。最後まであきらめないの…

親の役目は選択肢を挙げること/「子育ては心理学でラクになる」

僕は、親の役目には「子どもの前にあるテーブルに選択肢を並べる」があると考えています 出典「子育ては心理学でラクになる」 人生において何を行うかは、子どもたちが自主性を発揮しながら選んでいくべきだし、それができれば、子どもたちは強く楽しく生き…

「すごいね」と子どもの頑張りを認めること/「子育ては心理学でラクになる」

「あんなにがんばったのに」という悲しさです。これが続くと、子どもはがんばること自体、やめてしまうのです。「どうせ親は満足しない」と思ったら、がんばる意味がないからです 出典「子育ては心理学でラクになる」 親はまず、子どもをそのまま受け容れる…

「どうする?」と聞いて子どもに意見を言わせよう/「子育ては心理学でラクになる」

何を着るか 、何を食べるか 、次の旅行先はどこにするか 、塾に行くかなど 、あらゆることに対して 、 「どうする ? 」と聞いてから 、答えさせます 。ただこれは 、 「きちんと答えを出してハッキリさせる 」という意味ではありません 。 (中略) 重要な…

何してるの!の前に理由を聞こう/「子育ては心理学でラクになる」

子どものすることに対して親はついつい 「ダメでしょ ! 」 「何してるの ! 」という制止や詰問の言葉が多くなりがちです 。しかし 、それらの言葉は子どもの心や気持ちを頑なにし 、閉じ込めてしまうばかり 。 「なぜ ? 」の使い方で子どもの感情を引き出…

理詰めで諭すのは我慢して、まず子どもの話を聴け/「子育ては心理学でラクになる」

なにより 、黙って子どもの話を聞くこと 。親はあえて 「話さない 」が正解です 。どんな話でも耳を傾ける親だから子どもは信頼感を持てるのです 。 出典「子育ては心理学でラクになる」 理詰めで諭すより、まず子どもの気持ちに寄り添いましょう。 何かトラ…

親はがんばって手出し口出しを我慢せよ/「子育ては心理学でラクになる」

子どもががんばって自分の力を試そうとしているときは 、親もがんばって手を出すのを我慢すること 。 黙って 、だけどしっかりと見守ること 。 それは 、親にしかできないことなのです 。 出典「子育ては心理学でラクになる」 命令やお説教では子どもは変わ…

子ども自身の意志で歩いてるという錯覚をもたらすメンタリストであれ/「子育ては心理学でラクになる」

誘惑に負けやすく 、ラクなほうに流れたくなる子どもを導くのは 、 「正しい方向に行け 」と命令する親ではありません 。子ども自身が自分で選択し 、自分の意志で正しい道を歩いているという 〝錯覚 〟をもたらすことができる 、メンタリストな親なのです …

親の意志力は子どもに感染する/「子育ては心理学でラクになる」

つまり 、意志力とは感染するものなのです 。 子どもの場合は 、特に感染力が強いのは 、日々の日常を共有している家族です 。家族の中に 、意志力を強く持ち 、何かをやり通そうと日々挑戦している人がいれば 、自分も何かを始めようとすることができます …

逆境もありがたいと思える力があれば最強/「にんげんだもの」

「いのちの根」 なみだをこらえて かなしみにたえるとき ぐちをいわずに くるしみにたえるとき いいわけをしないで だまって批判にたえるとき いかりをおさえて じっと屈辱にたえるとき あなたの眼のいろが ふかくなり いのちの根が ふかくなる 出典「にんげ…

感謝の極意は当たり前のことを奇跡だと感じられること/「心眼力」

「当たり前だ」と思っていたことを、「有り難い奇跡だ」ととらえなおしたときに、感謝の気持ちが湧いてくるのです。 出典「心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵」 目の前の日常のできごとを当たり前と思わずに、世界や時空の創造の枠を広げて、奇跡だよね…

肉眼で見える現実に振り回されず相手の素晴らしさに感謝すること/「心眼力」

素敵な夫婦関係の秘訣は、配偶者を「素晴らしい存在、偉大な力をもった人」と見て接することです。また、子育ての秘訣は、わが子を同様に見て信頼することなのです。 私たちの心には、認めたものを現実化する力があります。 出典「心眼力 -柔らかく燃えて生…

ヘタでいいし愚でいいけど心を込めよう/「心眼力」

『韓非子』に、「巧詐は拙誠に如かず」という言葉が出てきます。 「一時的に見れば、巧詐(技巧や策を弄するやり方)のほうが結果を出すように見えることもあるが、長い目で見れば、拙誠(愚直でつたなくても誠意のこもったやり方)のほうが勝っている」 と…

超一流の人が持つ謙虚さの源は感謝と自信/「心眼力」

本物の自信があるからこそ、謙虚ではあっても決して卑屈にはならず、つつましさの奥から輝きが感じられるような、そんな存在感を周囲に放つのです。 出典「心眼力 -柔らかく燃えて生きる30の智恵- (CD付)」 超一流の人たちには謙虚さがあります。 謙虚さがあ…

初心を保つこと/「禅マインド ビギナーズ・マインド」

初心者の心とは 、空であり 、専門家の持っている 「くせ 」がなく 、すべての可能性に対して 、それを受け入れ 、疑い 、開かれている 、準備のある心です 。それは 、ものごとをありのままに見ることのできる心であり 、一歩一歩 、あるいは一瞬の閃きのう…

人生で本当に大事なことをやれる機会は2〜3回/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

この地上で過ごせる時間には限りがある。本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、二つか三つくらいしかない。 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 時間には限りがある 時間には限りがあるということ。 あたりまえのことだが日常の中で…

シンプルにすることはイエスではなくノーということ/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

何かを絞り込むというのは、イエスではなくノーということだ 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 モノゴトをシンプルにする。 複雑にしない。 それがジョブズの哲学だった。 モノが美しく感じられるというデザイン・美学の観点もあるが、限り…

動機こそが大切/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

歳をとればとるほど、動機こそが大切だという確信が深まる。(略) 僕たちアップルの第一の目標は世界一のパソコンを創り出すこと。最も大きな企業になることでも、最も金持ちの企業になることでもない。 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 …

旅の途中を楽しめるかが大事/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているか、そちらの方が大事なんだ 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 スティーブ・ジョブズさえ、結果ではなくプロセスを楽しむことが大切ということを言ってます。結果第一主…

いいものは臆面もなく盗め/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

タッチパネルなどの技術・アイデアも、ゼロックスの研究所から得たものである。「臆面もなく盗んできた」のだ。 だが、これらはアップルというフィルターにかけることによってまったく新しい魅力を持った製品になり、世に浸透した。 出典:「スティーブ・ジ…

最低なことだって振り返れば最良の出来事に変えられる/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

アップルを追放されたことは、人生でも最良の出来事だった。 成功者であることの重みが、ふたたび初心者であることの身軽さに変わったんだ。 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 自分で創って育てたアップルを追放されるとは、想像を絶するく…

ベストじゃない状況で成し遂げた仕事こそが誇りをくれる/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

「自分のキャリアを振り返ると、最善とは言えない状況で成し遂げた仕事にもっとも誇りを感じるんだ」 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 悲惨な状況や逆境。理不尽。 ベストとは言えない体制、予算。 そんな境遇を嘆くヒマがあれば、とにかく…

夢中で蝶を追いかける少年であれ/「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」

アメリカの作家ジョン・スタインベックは、「天才とは、蝶を追いかけているうちにいつの間にか山頂に登っている少年のことだ」と言った。 出典「スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉」 スティーブ・ジョブズは、お金のためだけでなく、世界の人類の未来…

5行エッセイがロジカルな文章の基本形/「プロフェッショナルイングリッシュ」

ロジカルな文章を書くためには 、基本的なルールがあります 。(略) ルール① :結論を述べる ルール② :理由を 3つ挙げる ルール③ :結論を繰り返す 出典「プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語力」 ロジカルな文章のルールはこの3つです。…

英語はシンプルで短いミニマムセンテンスを連続して繰り出せ/「プロフェッショナルイングリッシュ」

まずは名詞と動詞を中心に事実を伝える 。そのうえで 、その他の細かな情報を補足する 。その際の秘訣は 「シンプルな短い文 」です 。(略) このミニマムセンテンスを連続して繰り出す手法こそ 、ビジネスで成果をあげる人が使っている英語なのです 。 出…

日頃の親の在り方が子どもを育てる/「勝てる子どもが育つ究極の教え 育てる技術」

何事も全力で楽しむ、 最大限に工夫をする。 そんな親の在り方が、 知らずに子どもを 何事も全力で楽しみ、 最大限に工夫する人間に育てる 出典「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術」 親自身の生き方が子どもにも影響を与えます。 休みの日に旅…

自主性を生み出すのはライバルに勝ちたいという思い

ライバルに勝ちたいと思うからこそ、自分で動く気力が高まり、自主性が育まれるのだと私は思います。どうすればライバルに勝てるかを見極め、見えてきた壁を乗り越えることが、個々人の課題となるのです 出典「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技…

信頼するから信頼される/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

どの子どもにも分け隔てなく接し、 常に公平な態度でいる。 子どもの自主性を重んじて細かいことまで口出ししない。 上から目線で押し付けることなく 子どもを信頼する。 それが、子どもから信頼される 指導者になるための鉄則 出典「「勝てる子ども」が育つ…

自分のことを見てくれているという安心感を醸成しよう/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

子どもたち、選手たちが「自分のことを本当によく見ていてくれる」という安心感を持つように接すること。まずはそれができないと「この人の言うことなら間違いない。やるぞ!」とはならないものです。 出典「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術…

習い始めは週一回よりも週三回にした方がいい/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

週に3日来ていただければ 、体力的にも技術的にも上達します 。上達すれば柔道が楽しい 、道場に行きたいとなるので 、なんとか回数を増やせないでしょうか ? 出典「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術」 古賀さんは、自身の柔道教室での子ど…

家庭は世界一くつろげる場所にする/「勝てる子どもが育つ究極の教え方」

古賀家では家で柔道の話をしないということを書きました 。家は心と身体を休める場所にしなければならないと思うからです 。道場で厳しい稽古に励んで 、大会で相手と闘って … …と頑張っているのですから 、家にいるときくらいはゆっくりと休んで英気を養わ…