1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

厳格な教育の弊害はとてつもなく大きい/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

厳格な教育による弊害は、「いくら強調しても強調しすぎることはない」 出典「アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」 厳しく教えることはやめるべきです。 理由は2つ。 教える側と教えられる側の距離が遠のくこと。 厳しく教育することは甘…

うまくできた体験がひとつあれば他もやれる/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

音楽でも、ダンスでも、何でもいい。 「上手にできた」という体験を、ただひとつ作ること。その体験が 「他のことも、きっとできる 」へつながる 。 出典「アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」 なんでもいい。 興味のあることや、取っつき…

子供を勇気づけるために親や教師にできること/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

まずは、親や教師自身が勇気を持ち、困難な人生から逃げずに、自分で人生を切り拓く姿を見せることです。次に、相手に適切な課題を与え、手出し口出しせずトレーニングを積ませることです。そして、相手が課題を解決しているときに、適切な勇気づけの言葉を…

子供を褒めるときは周りの子供の勇気をくじかないように注意しよう/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

「子ども時代のほとんどすべての勇気くじきは、(他者が)ひいきされているという感覚から生じている 」とアドラーは指摘しています 。仮に親が、平等に兄弟姉妹に接していたとしても、優秀な子ども以外の兄弟姉妹は自分たちだけ差別されていると感じるでし…

子供に世話を焼くのは真の愛情ではない/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

「世話焼き 」は本当の愛情とは呼べません 。それは勇気づけではなく勇気くじきです 。なぜならば 、世話を焼くということは 「経験から学ぶチャンス 」や 「課題解決の訓練の機会 」を奪うことだからです 。 勇気づけとは 、相手にできるだけ機会を与えるこ…

自分は一人で生きてるんじゃないし、他者は仲間だ。/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

「自分は集団なしには生きていけない」と認め 、「自分は全体の一部である 」と考える人だけが共同体感覚を高めることができる 。 出典「アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」 アドラーは、「共同体感覚」があればすべてうまくいく という…

他者の喜びを自分の喜びと感じられれば今すぐに幸せになれる/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

共同体感覚とは「他者を助け喜ばせることに喜びを感じる心」であり 、「奪うことよりも与えることに喜びを感じる心」です 。アドラーは言います 。「どれほど援助し、促し、喜ばせる用意があるかを調べれば、人の共同体感覚を容易にはかることができる」 。…

仲間のようにお客さんと接すること/「アルフレッドアドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

仕事の課題でうまくいかない人は 、顧客や同僚が 「仲間 」である 、という前提で接すると良い 。仕事の課題の基本は 、交友の課題でもあるからだ 。 出典「アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」 仕事をうまくやるには、同僚はもちろんお客…

意志を持って楽観を選べ。/「アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉」

私たちは何もしなければ 、ついつい悲観に流されてしまいます 。そうではなく 、意志を持つのです 。意志を持って楽観を選ぶ 。すると 「勇気 、率直さ 、信頼 、勤勉などが発達していく 」とアドラ ーは述べています 。 出典「アルフレッド・アドラー 一瞬…

リーダーは3つを併せ持つべし。徳=智×仁×勇/「帝王学の教科書」

「勇」というのは、「智」「仁」とあわせ持ってこそ、リーダーとしての徳になるのかもしれない。 出典「帝王学の教科書―リーダー英才教育の基本」 3つの達徳、すなわち、徳の中の徳を構成する3つは、智、仁、徳だと言われる。 智とは、洞察力や判断力。 仁…

政治を乱す4つの患(わざわい)/「帝王学の教科書」

四つの患とは何か? 偽、私、放、奢(しゃ)、この四つだという。 出典「帝王学の教科書―リーダー英才教育の基本」 後漢王朝が混乱したとき、春秋の学を修めた荀悦という学者が、政治を乱す4つの要因として、時の皇帝にこれらを挙げたとのことだ。 偽:うそ…

夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある/「

つまり夢というのは 、夢のほうから遠ざかりはしないです 。必ず自分のほうが遠ざかるんですよ 。夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある 。(中略) でも、これがやがて必ず届くんですよ 。体が伸びる 。それが、もしかしたら成長なのかもしれないし …

人生は一筆書き。人生に無駄なし。/「秋元康の仕事学」

いわば 、人生は一筆書きのようなものだと思います 。今いる場所は 、どこからかつながってきている 。一筆書きの線が切れていたら今日はないのです 。ですから 、今起きている嫌なことも 、良いことも 、必ずどこかにつながる道になっているんですよ 。 出…

新しい企画を通すために、まずはハードルを下げよう/「秋元康の仕事学」

みんなが勝負をかけられるくらいのところまでハードルを下げて 、まずはそこで成功させるようにすればいいのです 。 出典「秋元康の仕事学」 新しいことをやろうとしたときに、前例がなければ、なかなか認めてもらえません。 関わりのあるたくさんの人が自信…

わからないから面白い。間違えたら修正すればいい。/「秋元康の仕事学」

結局 、設計は机上の理論ですから 。机上の理論でつくっているものというのは 、実際に走らせてみたら 、ドアが開きにくいなどの思いがけない部分は 、当然出てくるものなんですね 。重要なのは 、そこでどれだけ臨機応変に対応できるかだと思います 。 出典…

相手が抱く全体像や予定調和をいい意味で裏切ろう/「秋元康の仕事学」

その予定調和が裏切られたときに 、人は面白いと思うのです 。つまり 、自分が見たことがないものだから 、ハッとするわけですね 。 出典「秋元康の仕事学」 人は何かを見たときに、なんとなく全体像を描こうとする。こういう感じのものだよねと、わかった気…

ヒットの種はまだ見たことのないもののなかにある/「秋元康の仕事学」

テレビや 、メディアの仕事をしてきた僕が 、劇場に 7 、 8人しかお客さんが入らないという状況でも 、なぜAKB48をやり続けようと思ったのか 。その場所に 、野いちごを摘みに来ている人がいなかったからですよ。 出典「秋元康の仕事学」 過去からヒッ…

初めてのことをどんどんやってこう。わかった気にならないでおこう。/「秋元康の仕事学」

魅力的な人の多くは 、 「初めて 」をつくるのが上手なんですよ 。初めてキスをする 、初めてハワイに行く 、初めてフグを食べる 、初めて車を運転する 、初めて飛行機に乗る 。 出典「秋元康の仕事学」 日常のなかで何を見ているか、何に気づけるかが大切と…

日常のなかの面白いことにどれだけ気づけるかが大切/「秋元康の仕事学」

日常の中に面白いことがたくさんあるんだということを 、どれだけ発見できるか 。それによって 、人生は大きく変わるものだと思います 。 出典「秋元康の仕事学」 日常の中で、あれ?なんでだろう。面白いな!と思うようなことをたくさん見つけておくことが…

睡眠は短くても長すぎても早死にする/「スタンフォード式 最高の睡眠」

6年後、同じ100万人を追跡調査したところ、死亡率が一番低かったのは、平均値に近い7時間眠っている人たち 。彼らを基準にすると、それより短時間睡眠の人も、逆に長時間睡眠の人も、「 6年後の死亡率が 1.3倍高い 」という結果が出ている 。 出典「スタンフ…

昼寝は30分未満くらいにすべし/「スタンフォード式 最高の睡眠」

日本の国立精神 ・神経医療研究センタ ーの朝田隆氏 、高橋清久氏らが高齢者337人のアルツハイマ ー患者とその配偶者260人の「昼寝の習慣と認知症発症リスク」についての解析をおこなった 。興味深いことに、「30分未満の昼寝」をする人は 「昼寝の…

噛まずに食べると記憶力が弱まり太りやすくなる/「スタンフォード式 最高の睡眠」

「嚙まずに食べるマウス 」の海馬では、明らかに神経細胞の再生が減っていたのである 。(中略) さらに、「嚙まずに食べるマウス 」は「嚙むマウス 」に比べてどんどん太ってくる 。まさに、「マウスの生活習慣病 」だ 。 出典「スタンフォード式 最高の睡…

寝る前は単調で受身の状態に身をおくこと/「スタンフォード式最高の睡眠」

単調な状況だと頭を使わないから 、脳は考えることをやめ 、退屈して眠くなる 。モノトナス (単調な状態 )にすることは 、眠るための脳のスイッチである。 出典「スタンフォード式 最高の睡眠」 深く眠るためのもう一つのスイッチは、脳を休息させることだ…

入浴で体温をコントロールすればぐっと深く眠れる/「スタンフォード式 最高の睡眠」

寝る9 0分前に入浴をすませておけば、その後さらに深部体温が下がっていき、皮膚温度との差も縮まり 、スムーズに入眠できる 出典「スタンフォード式 最高の睡眠」 良質な眠りを得るには、体温のスイッチを活用するのが良い。具体的には、皮膚温度と深部温度…

最初の90分が睡眠のゴールデンタイム/「スタンフォード式 最高の睡眠」

「最初の 9 0分が眠りのゴールデンタイム 」といわれているが 、まさに黄金だ 。たとえば 、グロースホルモン (成長ホルモン )がもっとも多く分泌されるのも 、最初のノンレム睡眠が訪れたとき 。 出典「スタンフォード式 最高の睡眠」 最初のノンレム睡眠…

最高の睡眠が最高のパフォーマンスを生みだす/「スタンフォード式 最高の睡眠」

睡眠と覚醒はセットになっている 。朝起きてから眠るまでの行動習慣が最高の睡眠をつくり出し 、最高の睡眠が最高のパフォ ーマンスをつくり出すのだ 。 出典「スタンフォード式 最高の睡眠」 寝ている間と起きている間の状態は、それぞれ影響を及ぼしあう。…

筋トレすれば勇気と元気を取り戻せる/「マッチョ社長のお悩み相談室」

筋トレして、テストステロンを増やし、努力を絶対に裏切らない筋トレで結果を出し、努力と成長の楽しみを思い出し、挑戦する気持ちを取り戻し、どんどん挑み、どんどん魅力的な人間になってくれ。 出典「マッチョ社長のお悩み相談室 すべての悩みは筋トレで…

子どもはなるべく肯定して育てよう/「マッチョ社長のお悩み相談室」

子どもはなるべく肯定してやれ 。否定するな、比べるな。やりたいといったら応援してやる。理不尽なことでは怒らない。同じあやまちを二度繰り返すようなら、 2回目は毅然とした態度で叱ってやる。 出典「マッチョ社長のお悩み相談室 すべての悩みは筋トレで…

失敗や試練は心のトレーニング/「マッチョ社長のお悩み相談室」

心も筋肉と同じで傷つけてやらないと強くならないんだよ 。失敗や試練の時ってのは心が強くなるために絶対に必要なんだ 。トレ ーニングだと思って楽しめ 。きっと成長が待ってる 。 出典「マッチョ社長のお悩み相談室 すべての悩みは筋トレで解決できる」 …

空気は読め。そして壊せ。/「マッチョ社長のお悩み相談室」

空気なんて読む必要がない ?と言う奴 。話にならない 。空気は読め 。読んだ上で壊せ 。空気を読めていない人間は一緒にいて気持ちが良くない。 出典「マッチョ社長のお悩み相談室 すべての悩みは筋トレで解決できる」 空気を読めることはやっぱり必要だ。 …