1分★読書

サクッと読めてグッとくる。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。ほぼ毎日更新中

相手にとってのご利益を話そう

 f:id:gumojin:20170310123601p:image

赤ちゃんの会話は 、自分の主張しかしません 。

子どもの会話は 、赤ちゃんより少し成長します 。言いわけしたり 、「なぜこうかと言うと 」と説明したりします 。

大人の会話は 、「こうすると 、 ○ ○ですよ 」と 、相手の利益を話します 。

出典「会話力のある人は、うまくいく。

こうするとこんなご利益がある。ということを話して、相手にいいイメージを持ってもらう。

こうすると、相手と分かり合えるし、動いてくれるのです。

相手が使っている言葉で話そう

f:id:gumojin:20170309082830j:image

通じているなら 、直さなくてもいいのです 。

会話は 、相手が今使っている言葉で話すことが原則です 。

出典「会話力のある人は、うまくいく。

お冷ください。

お水ですね?

と言いなおすのではなく、相手の言葉で話すこと。

間違いを指摘された感をもたれてしまうし、距離を感じさせてしまうから。