読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1分読書

サクッと読めてグッとキク。本のオイシイトコを1分で読めるサイト。毎日更新中

すぐれたリーダーは明確に示すことで人々を団結させる

リーダーシップ

 f:id:gumojin:20170328223846j:image

すぐれたリーダーになるためには、反対のスキルが必要だ。私たち全員が共有する欲求を熟知しなければならない。(略)

知らないものに対する不安を未来への自信に変えるには、リーダーは、私たちみんなの未来を正確かつあざやかに描写できるように訓練しなければならない。 

出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

 リーダーには、個性の違いを超えた普遍的なことを発見することが求められる。

これにより、人々を団結させるのである。

みな、あいまいな状況を不安に感じている。

だからまずは、

誰のために

自分たちのどんな強みを活かし

何をやっていくか

めざす状態にどこまで近づいているか

について明確にすることだ。

情熱的でなくても、魅力的でなくても、才気あふれなくても、親しみやすくなくても、プレゼン上手ではなくてもいい。

リーダーは、ただ明確であればいいとさえ筆者は言っている。

すぐれたマネジャーは個性を活用する

マネジメント

 f:id:gumojin:20170328080722j:image

すぐれたマネジャーになるために忘れてはならないのは、部下にはそれぞれ個性があること、そしてあなたの主要な責務はこの個性を排除するのでなく、活用できるように、役割や責任や目標のほうを調整することだ。

出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」 

 マネジャーがフォーカスすべきは、個々の違いである。

それぞれの強みを知り、それを変えるのではなく活かすこと。

ひとは強みを活かす方が大きく成長しやすい脳(シナプスの特性)をもっているので、強みを活かすやり方がとてつもなく大きな力を生み出すのです。

リーダーがフォーカスすべきことは真逆です。あしたにつづきます。

マネジャーとリーダーに求められることはまったく違う

リーダーシップ マネジメント 成功

 f:id:gumojin:20170327080836j:image

成功は 〜マネージャーのものであれ、リーダーのものであれ、個人のものであれ 〜オールラウンド、幅広さ、バランスのよさを求める者には決して訪れないということだ。

出典「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

「マネージャー」と「リーダー」と「個人」に求められることはそれぞれにまったく異なるものだそうです。

オールラウンドやバランスのよさを求めてしまうと自分のエネルギーを集中させることができず、成果が得られません。

偏ってもいいから勇気をもって、じぶんに求められる大切なことに「集中する」ことが必要なのです。

 

それぞれに求められることとは何でしょうか?

あしたにつづきます。

(見逃さないために、facebook B.voyageにいいね!など頂けると自動で記事が届きます)

組織ができることは上に立つものの器で決まる

仕事

f:id:gumojin:20170326124018j:image

どんな組織も上に立つ人の器以上のことは何もできないということです 。

出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50

組織として何かを行うときは上に立つもののGOサインが必要です。

そこではやはり上に立つものの理念や価値観、そしてリスクをとる勇気が問われますから、その器以上のことは、何もできないわけです。

周りのものは、得体の知れないものではなく、十分に器に入るものですよということを伝えることはできるかもしれません。

人が学ぶのはこの3つから

成長

f:id:gumojin:20170325220744j:image

人間は 「人から学ぶ 、本から学ぶ 、旅から学ぶ 」以外に学ぶことのできない動物です。

 出典「仕事は“6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50

人に会うこと。

本を読むこと。

旅をすること。

 スピードある判断をして、走りながら考えるためには直観力が大切ですが、直観力を高めるためには、圧倒的な量のインプットが必要だということです。
インプットは、この3つしかないのです。

新しいことを始めることで人は生き生きする

成長

 f:id:gumojin:20170323203747j:image

どんなことでも 、新しいことを始めることほど 、人間を生き生きさせるものはありません 。

あなたが生き生きし始めると 、まわりまで生き生きし始めます 。

出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)

新しいことを始めることで、じぶんもまわりも生き生きし始めます。

楽しいから笑うのではなく、まず笑うことで楽しくなる という話に通じるものがあります。

何か新しいことを始めてみませんか?

苦労を乗り越えてきれいな花を咲かそう

生き方

f:id:gumojin:20170322233656j:image

冬が寒かった年ほど 、春にはキレイな花が咲くのです 。

出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)

苦労したほど、人は磨かれる。

苦しむことで得られる何かが必ずある。

それを信じて、辛くてもここを乗り越えましょう。

いつかきっと、きれいな花が咲くから。

やれることよりやりたいことをやろう

生き方

 f:id:gumojin:20170322124952j:image

「やれること」の中には、あなたはない 。

「やりたいこと」の中にこそ、あなたがいるのです 。

出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)

 次の3つの円の重なるところを仕事にできたらいいという話がある。

  • やれること
  • やりたいこと 
  • 役に立つこと

すべて重ねるのは難しいかもしれないけれど、できればじぶんの「やりたいこと」を軸にしよう。

そこに、じぶんがあるから。

成功を告げる失敗カモメ

考え方

f:id:gumojin:20170321220342j:image

人生という航海では 、成功を告げる 〝シッパイカモメ 〟が見えているのに 、引き返す人のなんと多いことでしょうか 。

出典「1日3回成功のチャンスに出会っている

船乗りはカモメが飛んでいるのを見て、陸地が近いことを知るそうです。

失敗は、カモメのようなものであり、失敗が見えたら、成功は近いということです。

引き返さずに進みましょう。

失敗というダイナマイト

イノベーション 生き方

f:id:gumojin:20170320082731j:image

あるところで 、過去の経験をご破算にしなければならないのです 。過去の経験を打破するのが 、失敗という経験です 。過去の経験を打破する失敗というダイナマイトから 、未来は開けるのです 。

出典「1日3回成功のチャンスに出会っている (PHP文庫)

過去の蓄積だけでは成長に限界がある。

それを打ち破るために必要なのが、失敗というダイナマイトなのです。

失敗というダイナマイトで過去の経験を打破しましょう。